シァル桜木町の「カフェ レクセル」でプロシュートとタルタルソースのサンド ~黒トリュフの香り~

スポンサーリンク

駅ビルに入ったカフェ。

ドトールの新業態みたいだね。

フロアの真ん中にドーンと入って、
開店以降、ずっと繁盛が続いている様子。

スペシャリティコーヒーを主軸に、
一段ハイクラスな商品を提供するコンセプトなんだそうだ。

混んでるので、まず席を確保してからレジに並んで注文。
商品は後で運んできてくれる流れです。

コーヒーは4種類の豆の中から選び、
さらにハンドドリップ、プレス、エスプレッソ、アメリケーノ・・・
などなどの中から処理法を指定するんだけど、
メニュー表もわかりづらいし、レジは常に停滞気味。

もっとも席もなかなか空かないからいいんだけどさ。

この日はカップ・オブ・ナンチャラも含め、
3種類の豆を試してみたんだけど、

まぁ、イマイチ。

スッキリとか、雑味がないというのとはまた違った水っぽさ。
しかもハンドドリップのものは、えらくヌルいのよ。
奥行きどころか香りもぜんぜん立ってないわ。

豆もたった4種しかないなら、
もう少しバリエーションを付けて欲しいし。

各々の豆の特製によって、オススメの抽出法もあるはずなんだけど、
「それは皆さんのお好みで」みたいな回答だったし。
言うほどエクセレンスじゃねーと思うぞ。

後ろのねーちゃんが食ってたのに釣られたクリームブリュレも、
ただ大きいだけで気の抜けた味。

メニュー表では、めちゃトロ&めちゃウマげだったサンド。
出来上がりはごくごくレギュラーだな。

なんちゃらかっこいい名前がついてるけど、
パンが乾燥してるし、人参もカピっとしてるわ。

うーん。
立地はちょうどいいんだけどね、リピートは無いわ。

普通のドトールでブレンドとミラノサンド食ったほうがよほど幸せになれそう。

コメント一覧

  1. すごく混んでいるお店ですよね。
    単純に場所がらでしょうか。

  2. >ぴーさんさん
    場所柄でしょうね。
    コンセプトはアリですが、
    中身が追いついてないのが残念です。

タイトルとURLをコピーしました