みなとみらい東急スクエアの「香川一福」で冷かけ(大)

スポンサーリンク

MMの東急スクエアに入った讃岐うどん専門店。

神田へ鳴り物入りでオープンして、ミシュランのビブグルマンにも何度か選ばれた有名店です。

この度、支店ができたのは、地下にあるフードコートに毛の生えた様な飲食街。たしか「夢吟坊」が入っていた場所じゃなかったかな?

どうして、こんな場末に落ちてきちゃったのかと驚いていたんだけど、サイトを見てみたら「香川県にあるうどん一福とは何ら関係ございません」との表記があったり、FC絶賛募集中だったりと、当初とは異なる道を歩み始めた結果なのだということで合点したわ。横浜だと他に鴨居のララポにも入ったみたいだし、わりと気さくなブランドになっていくのかもしれないね。

カウンターで注文後、渡されたベルが鳴るのを待つ形。メニューは若干絞られていますが、本店と大差ありませんね。こちらでも店内製麺をしているということですが、これはどういう作業になっているのか。いわゆる、うどん打ちの姿は見られませんでした。

頼んだのは、冷かけの大と鶏天です。

葱、生姜、揚げ玉などはセルフでかけ放題。

うどんは表面滑らかで、柔らかさの奥にクニっとした歯ごたえがあります。あっさりとしたいりこのだしも含め、おいしいはおいしい。ただ、どこか整いすぎるプロダクトであるなとも感じます。

バリッとした衣の鶏天は注文後に上げてくれるのでアツアツ。うどん汁に沈めるよか、ドン用のタレをかけて別途つまみたい感じ。

MMのお食事どころの選択肢としては悪くないと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました