JICA横浜の「ポートテラスカフェ」でドロワット

新港にそびえるジャイカのゴージャスな施設。

国際団体が国内に拠点をバカバカ作ってどうするんだろね?
まったく、現場と遠く離れれば離れるほど・・・

山の人さんにもオススメもらってた。サンキュー!

一般開放されている食堂では
海外から研修で来る人用にベジ食やエスニックも用意されてるんだそうだ。

綺麗な食堂は建物の3階にあり、
港や赤レンガを望むテラス席で優雅にお食事も可能!!

観光客の喧騒とは無縁な穴場といえばいえます。

インドのひよこ豆カレーや、緑豆カレー、ネパールの枝豆カレー、ブラジルの小豆煮込み・・・
心なしか豆寄りなエスニックメニューがほんの何品か用意されてました。

インカコーラやガラナ、各国のビールやワインもいくつか。
片隅でフェアトレード商品もちょろりと扱ってたりしますよ。

ただ、基本は普通のフードコートだと思ってください。

まずはメニューサンプル脇の札をとって、会計。
上げ下げはもちろんセルフサービスです。

値段はまぁわずかに高いかなって感じ。

ちょうどアフリカ週間だったようで、アフリカ食をいただきました。

ドロワット・・・

すかさず携帯で検索したところ、
エチオピアでは有名な激辛料理ということで期待したんですが、
これはほぼ辛味を感じないマイルドな仕上がり。

ニンニク風味のチキントマトシチューって仕上がりです。
具に揚げ卵が入ってたのが地味に嬉しかったわ。

ご飯やらサラダやらスープはチープ。
お味的にはフードコートの粋は出てないかな。

中で絶賛研修中の方は楽しめると思いますが、
異国食スポットとしてはるばる目指す感じではないかな。

とりあえず、天下り様の人件費やハコモノではなく、
途上国へぶち込むボランティアたちにもっと予算を使ってあげてください!

数年を経て再訪したのですが、
もはや穴場ではなくなってしまったようですな。

この日は赤レンガのイベント帰りだったのですが、
あくまでも施設の食堂としての運営で、
休日の観光シフトは組まれておらず、バッタバタ。

メニュー札は瞬く間に無くなり、補充もされず、
大ライスはあるのにライスはないというような状況。

頼んだほうれん草カレー。
ライスに合わねぇどころか、かつて無いほど泥臭ぇ!
ヒトサラ食べきるのにここまで苦労したのは久々です。

他に牛丼やパスタ、フライ定食なども食べたのですが、
基本は既成品をベースにしたそこらの安社員食堂のクオリティで、
特に安くもなく、やはりわざわざ目指す場所ではなさそうです。

コメント

  1. ぴーさん より:

    管理人さま
    こちらにも行かれたのですね
    私はここはリーズナブルに海外ビールが飲める、比較的空いているお店として使っています(というか休日のみなとみらいはどこも混みすぎでゆったりできない)
    食事の方はよくわからずすみません
    横浜には実は公的機関に関係する建物多いですよね

  2. 管理人 より:

    >ぴーさんさん
    ああ、それは気持ちがいいかも。
    ビールやワインも世界のものが数種類ずつ用意されてましたもんね。
    もちテラスで。