日の出町の「キクヤカリー」でローストチキンカリー

スポンサーリンク

市立図書館の斜向かいにあるカレー店。

こちらに寄るのも超久しぶりな気がするな。

隠れ家立地の割に人気がある店なんだよね。

私が図書館に全く行かなくなったこともあるんだけど、
しばし行列も目にすることになって、入店のハードルがグッと上がってしまったのよ。

だって、坂をヒーヒー登った挙句に、入れないとか!
ただでさえ過負荷なデブの心臓を軽くブレイクしちゃうもん!

店名にもカリーを冠するようになって、
カレー専科の色をより強くしているようです。

メニューに関しては結構流動的な印象でしたが、
メインの具材を選び、スリランカ風の他、数種類のカレーソースと合わせる形式。

今回はローストチキンに気まぐれラインナップのカシミールカレーを合わせました。

まずは付き出しのミニサラダ。
千切りキャベツの下にポテサラが隠れてるんだよね。

カレーはこんな感じ。
大ぶりのグラタン皿になみなみ入り相変わらずのボリュームです。

カシミールカレーはシャバシャバのスープカレー風。
つい某デリーのパンチを効かせたカラメル色を想像しちゃいますが、
十分な辛味もありつつ、後にはモタれない比較的マイルドな仕上がりでありました。

具は後入れのキャベツやレンコンなどで食感を出しています。
メインのチキンはやや弱く、別焼きのスペシャル感は薄いかも。
卵の固まりも惜しいですね。

白飯はデフォで200gだけど、カレーが多いので、やや足りないかも。
300gまでは無料で盛ってもらえるので、ここはガッツリやっちゃってください。

キクヤといえば、かつてサービス満点のスーパー喫茶店の頃が好きだったのですが、
カレー道をつき進むとなると、競合にしても、評価の目にしても角度が変わってきますよね。

もちろんカレーとして、ちゃんと作ってあり、おいしいとは思いますが、
スゲー現地っぽいかと言われるとそういうラインでもなさ気だし、
お店の独自の味として、あと引くソースが確立されているかというと、
ハンバーグ等の具の印象しか残ってなかったりで、やや満たされない部分も残ります。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました