【閉店】日の出町の「横浜市中区宮川町3丁目ラーメン」で鶏白湯

浜劇改め、横浜ロック座のちょい先にできたラーメン店。

ここらでも珍しくはなくなってきた鶏白湯のお店みたいです。

皆さんは、食後にちょっとお茶でもしようかなとお店を探していたはずなのに、気がつくとラーメン屋のカウンターに座っていたような経験がありますか?

ありませんね。
こうすれば間違いなく太るという反面教師のような生活ですね。

さて、こちらのテナントは前もその前もラーメン店だった場所。
半地下だし、ちょっと坂も登るし、なかなか難しい立地かも知れません。
存在アピールの都合で、店名がろくでもなく長くなっても、仕方ないと思うの。

中はだいぶ小奇麗になっており、真面目そうな兄貴が一人で頑張っておりました。

ラーメンは塩と醤油の二系統。
後者もこってり食べごたえあるようですが、まずは基本の塩をいただくことにしましたよ。

ランチは麺大盛り無料とのこと。
なんで、なんで、断らないんだ、昼食後の私!!!

でも、ラーメンがおいしかったので、スルスル入ってしまいましたね。

スープは完飲必至系。
トロリまろやかで鶏のいい香りが漂います。
あわせる麺は胚芽の混じったもので、ツルパキな食感が面白く、これも気に入りました。

穂先たけのこがちょろり垂れるだけでなんとなくリッチな気分にもなりますな。

いや、全然、アリですよ!
こういうラーメンが立地の要因だけで埋もれてしまうのは実にもったいないと思います。

皆さんも是非、覗いてみてね。