日ノ出町の「トネリコ」でふたくちフレンチトースト

スポンサーリンク

東が丘にある雑貨カフェ。

YYさん、オススメありがとね!

未知のお店との出会いについて、かつてならば地域の個人ブログで教えてもらうことが多かったのです。もはや、そういう文化もすっかり廃れてしまいましたね。

最近では、グーグルマップがじわじわと充実してきており、暇つぶしにグリグリしていると、思わぬ場所に飲食マークを見つけることがありますよ。こちらもそんな経緯でブックマークしていたのです。

お店は日ノ出町の裏山にこびりついた住宅街に隠れております。カフェどころか、店舗があるような立地ではないため、ごくごく狭い範囲での露出しかしてないんじゃなかろうか? 私もメールで詳細を教えていただかなければ、足を踏み入れづらかった環境ですよ。なにせ急坂の上だしな!

平屋を改装したのかな。中は古民家というより、米軍住宅をリノベしたようなさわやか洋風な雰囲気になってますよ。奥さんが一人でやっているようで、奥ではポーランドの食器やそれっぽい衣類、雑貨なども販売されておりました。

カフェメニューは絞られており、どちらかというと、パスタやサンドなどの軽食メニューがメインみたいです。お値段はお手頃。お一人なので、調理は多少時間がかかります。

私は唯一のおやつメニューであるフレンチトーストをいただきました。

しかし、なぜ、ふたくちなのか? 半分にしても作る手間やコストも変わらんような気がするんだけどな。食後に一枚分は食べ切れないわよという奥様客が多いのかしらね?

私なんかはむしろ倍量でもいいのになと、二重あごを震わしておったわけですが、それを読み取ってか、今回は奥さんがみくち分にサービスしてくれました。

蜜の他、クリームとマンゴーピューレを添えたもの。仕上がりとしてはごく家庭的なものだと思います。

そして、地味に嬉しいのが、ルマンドと海老の華を添えてくれたとこよ! 

こんな場所にこんな洒落た店があったのか!というギャップから、更にもう一転して、欧風に紛れ込むおばあちゃんちのおやつの違和感。 

その辺が面白さであり、お値段以上のもてなし心の現れだなと感じます。

気さくにゆったり出来る穴場スポットです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました