【閉店】日ノ出町の「ヨーホー」でチキンバスケット

ドンキの向かいのビルのできた自家製パンのカフェバー。

酒を飲みながら、どれだけパンを食えるものか・・・
なんか、個性的で素通りできなかったのさ。

ここのテナントは前にも穴場のパンカフェがあった場所。

やはりパンを売りにしていることから、
もしや復活かと思ったんだけど、違うのかな?

お店はお姉さんが2人でやってるみたいよ。
パン女子と酒女子のワパーコラボなんだろかね。

飲食は夜からで、昼間はパンの販売のみしているんだとか。

おつまみは洋風を中心に、無国籍。
値段は手頃に設定されているよ。

特製プレートは
薄切りの穀物パンとレバーペースト、ヨーグルト味のナスのペースト、
ピクルス、チーズの盛り合わせ。

カナッペ的にいただくのですが、おかずが多いので、
私のような貧乏根性が3Lの服を着て歩いているような人が、
チマチマ食べていると土台のパンが足りなくなるおそれあり!

案の定、トマトパンを追加。
トマトのコクがあっておいしいわ。

この他、カウンター等に数種類の自家製パンが並んでいるので、
好みのものを切ってもらうといいぜ。

チキンバスケット、オススメ!

我々の世代はこのネーミングに弱いと思います。
つい頼んじゃいますよね。

しょうゆ味のオーソドックスな唐揚げなんだけど、
ボリューム満点のサービス盛りなの。

こういうものは揚げたてに勝るものはないんだよ!
ハフハフでいただくのが最高です!

お料理は素朴な手作り感があって、キライじゃないな。

でも、やっぱ、お店の窮屈さがネックかも。

調理スペースも超小さいので、
丁寧に作るお料理はちょっと時間がかかり、
回転率を低めてしまうかもね。

下戸として願わくば、
昼間もパンカフェとして軽食をいただけたらうれしいな。