【閉店】日ノ出町の「東京チカラめし」で焼き牛丼

スポンサーリンク

日ノ出町の交差点とこにできた牛丼屋さん。

勢いのあるチェーンみたいなので、
一度入ってみたかったのよ。

昔マクドナルドだったテナントだよね。
マックすら逃げ出す日ノ出町よ、バンザイ!

まぁ、賭場に通う紳士方には外来食よりも、
丼飯をかっ込む姿がしっくりくるように思うわ。

お店の中は通常の牛丼店と特に変わらないかな。
予め食券を買って、ムサイ面子の並んだカウンターへ向かいます。

焼き牛丼を看板に、各種アレンジ丼や、洋定食メニューが並び、
値段は他の大手とほぼ変わらない水準。

客に出す前にいちいち焼きの作業が入るため、
通常の牛丼店より提供に時間がかかるみたい。
対面の不景気な面を眺めながら手持ち無沙汰に提供を待ちます。

定食なんかをじっくり食べてる人も多いので、
回転は良くなさそうだね。

まずはスタンダードな焼き牛丼を。
デフォで味噌汁つきよ。

うん、確かに”焼き”だわ!
直火で焼いた香ばしさがあって、なかなかワイルドな風味。

牛丼と言うより、むしろ甘辛のスタミナ焼肉丼だね。
肉の下に甘い玉ねぎ煮がちょこっと敷いてあるのよ。

お肉は極薄で広げてあるけど、特に不足は感じず、
むしろ、他の牛丼よりも多いんじゃないかな?

調理の手間を含めコストも高そうなのに、
同様の値段でやってるのは立派だと思うよ。

油がテラテラで、ガリなどで中和したくなるけど、
パワフルでまた食べてもいいなと思える男子丼だったな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました