【閉店】日ノ出町の「よんふくカフェ」でごはんセット、プリン

大岡川沿いにあるほんわかごはんカフェ。

横浜ゆるカフェめぐりのスタンプを集めるべく、再訪しました。

よりによって、週末のメインタイムになっちゃったんだよ・・・

まず無理だろうなぁ諦めつつも中を覗いてみると、
一卓だけ開いてるじゃん!ラッキーっす!

きっと、日頃の行いが良いからだよね!
もしくは、脂ギトギトの執念が呪術的な力を持ちはじめたのかどっちかだわ。

人気らしく、その後も何組か入れずに、
しょんぼり去っていく姿を見ましたよ。

やっぱ、ネックは広さだなぁと思いました。

お店は姉様お一人でやられているので、こんな時は大回転の忙しさ。

でも、お料理やデザートに手抜かりはありませんし、
ちょこっと待つくらいは全然負担にならない、まったり環境でもあるのです。

ごはんセットのメインは茄子と豚肉のふくめ煮、
副菜はかぼちゃサラダとわかめサラダでした。

基本は薄味仕上げですが、けっして不足は感じないお料理。
ほっこりしてしまう感じで、実においしいと思います。

食べたかったプリンちゃん!
これは永遠の定番メニューにして欲しいなぁ。

シンプルなカスタードプリンは、
余計な個性でごまかせない分、出来の善し悪しが問われるもの。
わざわざ、ノスタルジーとかを持ち出すまでもなく、ふつうに美味しいです。

一瞬、レモン添え??って思いましたが、
これはさわやかな甘味の湘南ゴールドでは?

私も好きで、春先にはポコポコ食ってる地産のマイナーフルーツですが
お店で出てくるのは初めてだな。

これから夏なので自家製レモネードも酸っぱおいしいです。

すっかり逆光だけど!実物は爽やかだよ!

そして、ここにもまさかのしるこサンド付。

英国紳士を自認する私ですが、
正直、スコーンにはあまりときめかないんですね。

なんかポクポクしてて、
お茶があうというよりお茶がなきゃ食えないじゃん。

でも、ここのスコーンはおいしいなぁ。

もちろん独特の質感は楽しめるんだけど、軽くほどけていく感じなんだよね。
バターの風味もリッチだし、うまいわ。

このお店、密かにデザートの魅力が増してるんじゃなかろうか?

ちっとも成長しないのは食べるばっかのブログ管理人くらいだよなぁ・・・