日ノ出町の「リソラ・デル・ブリーオ」でカプリチョーザ

スポンサーリンク

宮川町にあるイタリア酒場。

外から覗いて感じ良さそうだったので、
一度、入ってみたかったんだ。

飲み屋街もここらまで来るとだいぶ落ち着いた印象なんだけど、
このお店は程良い客入りが続いてるような気がする。

今回は週末の夜、遅めの訪問。
先客は数人の常連風のみで、スラっと入りやすかったんだわ。

奴らさ、席が空いてるのに、カウンターでずっと立ち飲んでて、
オッサン、オバハンのくせに足腰つえーなーと関心してしまったよ。

もちろん、デブには椅子が何よりのごちそうっす!

お店は日本語もOKなイタ人ぽいお父さんと、
美人なママさんでやってるみたい。

メニューは簡単なおつまみ前菜類にピザやパスタ。
品数はだいぶ絞ってある印象だね。

お値段は手頃に抑えられてるので気さくに飲むにはちょうどいいと思うよ。

シンプルなシコイワシのマリネ。
ワインとあわせたからかちょい魚っぽさが気になったな。

ハウスワインは飲みやすくておいしかった。

トリッパは柔らかく煮えているわ。
こちらもシンプルなトマトソース。

他に具もなくあっさりとした仕上がりなので、
モツっぽさが包みきれてないかなって感じ。

カップリチョーザは気まぐれピザって書いてあった。

卵とパンチェッタのやつがキタッ!
卵好きとしてはうれしい一皿。

生地はカリッとした薄焼きで、
手頃な価格で、おいしくいただけたよ。

ラザニアはパスタから手作りなんだとか。
薄い膜が幾重にも重なっているタイプ。

そうね、本格イタリア料理というよりは、
シンプルでどことなく家庭的な風合いかな?

お食事目的よりも、
店主とおしゃべりしながら、
軽く一杯つまむのがいいのかもしれないね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました