野毛の「センターグリル」で浜ランチ

飲み屋街にある老舗の食店。

実は中華街以外にこれといった味処や文化が乏しい横浜の中で、観光ネタを味わえる数少ないお店だと思います。

2つのテナントをL字型につなげたような変な作りのお店。

最近は片一方を閉めていることが多いのかな?
2階席のある本店の方へ誘導されますね。

この日は週末の時間外れでしたが、ほぼ満席で賑わっていましたよ。
通し営業をしてくれているので、私のような時間にズボラな人間や、ほうぼうを回る観光客にはもってこいでしょうね。

メニューは色いろあるのですが、皆さんのオーダーはオススメにまとめられた数品に絞られるのでしょう。
提供も早くて、手持ち無沙汰のピン客には助かりますな。
 

 
浜ランチは比較的新しいコンビネーションメニューです。

近年ではナポリタンの元祖として注目されることが多くなりましたが、ブーム以前はオムライスが白飯だという実に微妙なオリジナルスタイルが話題に登ることが多かったですね。

なぜ白飯か?白飯のオムライスが旨いのか?と問われると、全然そんなことは無ぇ!
白飯派がいたら、マジで今、手を挙げろ!なっ!いないよな!

スパをおかずに飯を食うスパランチもそうですが、この貧乏臭さが、もろもろ乏しかった戦後横浜を想起させるのですね。
なお、注文前に白飯ですよのお断りが付きますし、ちゃんとケチャップライスにした”特製”の存在もありますので、安心して入店ください。

さてさて、久々の白オムをいただきまして、ああ、なるほど、卵のマーガリンが滲んでバターライスっぽくなるような・・・やっぱ、無理やり良いところを見つけようとして失敗した次第です。

或いはデミが強ければ、まだ可能性もありますが、こちらのそれはどちらかと言うとマイルドなものなので、やはり白飯を食わすには弱いよな。

そこへきて、サクサクなチキンカツのナイスアシストよ!
結果として、心ときめくゴージャスランチの体裁を守りきりました。チキンカツさん、マヂ有能!

観光に皆さんは伝統メニューへのリスペクトはほどほどに、”特製”浜ランチのご賞味をおすすめします。

カスタムフィールド
レクタン大
レクタン大

コメント

  1. ポットライフ より:

    管理人様こんばんは。いつも楽しく拝見しております。

    ご紹介の同店はたまに食べたくなり訪れます。
    横浜人が久しぶりに出かけて「何にも変わってね~な」と安心するお味
    (ケッチャップライスですからそりゃ安定)であって、
    決して県外観光客が「わざわざ来る名店」ではないように思います。
    因みに私もオムライスは「ケッチャップライス派」です。
    おしゃれな「卵かけご飯」に緩む財布は持ち合わせておりません。
    お勧めは、チキンライスのオーダーで出てくる「薄焼卵包みのオムライス」ではないかと密かに思っております。
    それではまた

  2. 管理人 より:

    >ポットライフさん
    私はどっか旅に出ると地場に馴染んだ洋食屋さんが気になるタイプだけど、
    野毛の真ん中で、こういうテイストの洋食を出してるお店って、けっこう面白いと思うよ。
    もっとも、イメージが先行しがちなオサレ横浜に期待してくるとガッカリしちゃうかな?

    ところで、こちらでチキンライスを頼むと、いわゆるオムライスで出てくるの??

  3. ポットライフ より:

    >ところで、こちらでチキンライスを頼むと、いわゆるオムライスで出てくるの??
    はいそうです。
    チキンライス≒変わらぬ懐かしの味
    オムライス≒売れ筋商品
    私的にはそんな区別をしております
    高校卒業したて、先輩に連れて行ってもらった当時のままの懐かしいお店であります。
    30年前にもふわとろオムライスがメニューにあったかどうか、定かではありませんが。

  4. 管理人 より:

    >ポットライフさん
    知らなかったーーーーー!!
    今度頼んでみなくては