野毛の「曾星楼」でイーフーメン、焼売

野毛三丁目の交差点とこにある中華料理店。

界隈では古いお店だけど、
イマイチ覇気が無いような感じで、
あんまり馴染みがなかったんだよな。

地味に通し営業してるのを知って、
ランチ難民だった時に滑り込んだんだわ。

年季入ってそうな大奥様が対応してくれたよ。

お店はそこそこ立派な作りなんだけど、
いつも薄暗くて、お客さんもあんま入ってない感じ。

いかにも古式ゆかしい中華料理店系のメニュー構成。
値段は手頃ですよ。

まずは焼売。
こういうお店だと、餃子よりも焼売頼んじゃうよな!

大ぶりで真っ白で、いかにもな焼売。
上品ながらもしっかり味があって、ちゃんと旨いじゃん。

バンメンはなかったけど、
イーフーメンがあったので久しぶりに注文。

チャーメンなんかには自家製幅広麺を使ってるらしいんだけど、
こっちはエッジのたった細麺だったわ。

軽く揚げてある分、表面がザラリとして、
日本蕎麦を食べているような食感だね。

汁もよく持ち上げるんだろうけど、
ベースのスープがやや醤油っぽいものなので、
食べクチはチョイしょっぱかったな。

しみじみ上質っていうにはちょい弱いんだけど、貴重なお店の一つかも。
今度はチャーメン食べよ!!

コメント

  1. 曙町育ち より:

    2~30年前までは良かったんですがねえ~。

  2. 管理人 より:

    >曙町育ちさん
    決して悪くないスジなんですが、
    いまいち力が抜けちゃってるとこがあると思います。