野毛の「萬里」で白菜のにこみ、焼き餃子

スポンサーリンク

野毛の七不思議。

幾多のゲス客を迎撃してきた餃子の要塞であります。

今夜もほぼ満席。
どこか情け無いような安喧騒にあふれた店内です。

客層はだいぶ老いた気もしますが、
昔から変わらない風景があるってのはなんかイイよね。

これからも万里よ、永久に。

・・・お味はもうちょっとレベルアップしてもいいんだけどな!

まずは挨拶代わりの焼き餃子から。

コイツがなければ、何も始まりませんよね!
萬里の餃子は横浜庶民のソウルフードなのであります。

カリッと揚がった春巻は見た目に反してイマイチ。

中身が餡になってないので、さっぱりし過ぎて、
モヤシとかの安い具の風味が勝ってしまうんだよね。

蒸し鶏は骨なしで、けっこうゲスな作り。
もうちょっとウマかったような記憶もあるんだが、こんなもんか。

注文したら蒸すのに30分掛かるつーんだけど、
半皿✕2ならすぐOKつって、出てきたのがコレ。

もう意味わからん。なんか違うのか?

今回意外なヒットを放ったのが白菜の煮込み。

干しエビの味がじんわり滲んで、
なかなかおいしくできているんだわ。

萬里なのに、渋い技をきかせてるじゃねーか!

これと一緒にあの春巻を食うことで何とか乗りきれた。

タンメンは意外とさっぱり仕上げ。

ここの汁そばは壊滅的なんだけど、
これは比較的食えるうちの一つだよ。

五目やきめし。

素のやきめしではなんとなくさみしいかなと感じてしまう、あなた。
具を増すことによって、かえって満足度が下がるケースもあるのです。

萬里の場合、タケノコが水っぽくて余計なんだよな!

最後は鉄板の柔らかい焼きそばで〆。

ご馳走様でした。

コメント一覧

  1. 管理人様

    今年も度々お邪魔致させて頂くつもりですが、
    本年もよろしくお願いたします!^^。

    >素のやきめしではなんとなくさみしいかなと感じてしまう、あなた。
     具を増すことによって、かえって満足度が下がるケースもあるのです。

    大受けしました。

    ずいぶん長いこと訪問していませんが、懐かしく思い出しました。
    後からきたお客さんのオーダーが先に出たり、同行者のオーダーが
    ぜんぜん来なかったり、ホールのお姉さんがあちこちから、
    請求ばかりされて可哀想だったり・・。
    厨房の様子が目にうかびます。

    しっちゃかめっちゃかの時ばかり行ったのかもしれません。

    餃子がおいしかったかな。
    味を覚えています。

    また訪問してみたいと思いますが、その前に 一番かな!?。

  2. >ひーろさん
    いや待った!「一番」は待った!
    もしも、そういう流れであれば、萬里の方をオススメします。

  3. わかりました!
    久しぶりにチャーメン食べにいきます!。

    と、ご返事する前に
    つい先日、酔来軒のトリカラ&トマトの肉団子を
    めしあがっちゃいました  。

    申し訳ないっす・・・^^!。

  4. >ひーろさん
    OKです!酔来軒ならば!
    オーダーもバッチリっす。

タイトルとURLをコピーしました