【閉店】野毛の「泰華楼」で柔ニクソバ、モヤシヤキソバ

大通り沿い、トポスの向かいの中華料理店。
昔からのお店で、野毛中華の定番なんだそうだよ。

お店も構えもやけに立派だし、
一昔前に終わった宴会大箱中華店だと侮っていたの。
実際は麺飯や定食中心で、しゅうまい一個から対応してくれるような気さく店みたい。

対応もことさらフレンドリーってわけではないんだけど、どこか優しい感じで、
週末の昼なんかは常連ぽいジジババで満席になってたりするんだわ!

我が家の呪われた外食史において、
野毛の中華といえば「萬里」しか選択肢が無かったわけだが、
こんな風にやや上品なお料理屋系統も存在するんだなぁ。

値段は中華街よりもやや安いくらいの設定かな。
注文によっちゃ、広東系の定番料理がいただけそうよ。

まずは焼売。
肉!肉!という感じでなく、つなぎのムッチリとした優しい感じ。
いかにも昔風中華料理店で出てきそうな焼売なんだわ。

柔ニクソバ。
定食や丼など、この柔ニク系統がオシなのかな?
肉自体は歯ごたえの残り、ヤワ~って感じでも無いんだけど、
この値段でこれだけお肉が入ってれば十分じゃないかな。

麺は白っぽい細ストレート。
スープはケミカルっぽさもあるものの、
上品なバランスで使っているのでおいしいわ。

麺ものにはお好みで半チャーハンがつけられる。
そういう、変に気取らないところが、野毛のお店らしくていいね。

そして、この半チャーハンがメチャ旨いんだ!

たまに無性に食べたくなるチャーハン像を、
3Dで忠実に結実させたような一品で、たまらんン!

具もちゃんと入ってるし、一々調理してくれるのが嬉しい!
次はこのチャーハンをフルサイズで頼もう!!

モヤシヤキソバ。
麺は柔いの固いのを選べるんだが、これは後者ね。

もやしよりタマネギの方が多いような気もするんだが、
細めのシャクシャクした麺に、濃いめの餡がいい感じに絡まる。

昭和時代の繁華街中華で食べるようなものが、
そのまま残っているような感じだ。

しかも、くたびれた遺物としてでなく、
皆に愛されながらしっかりと生きているのがいいよね。

コメント

  1. shou より:

    台北在住のshouと申します。本町小学校>吉田中学でしたのでブログ非常になつかしく読ませて頂いてます。一時帰国の際は 生まれた馬車道の辺はぶらつくのですが野毛の辺は久しく行ってません。今後もブログ更新 宜しくお願いいたします。

  2. 管理人 より:

    >shouさん
    おお、遠くからありがとうございます!
    イセザキモールの風景なんかはちょっと見ないうちにどんどん変わってしまいますね。
    野毛はまだ往時の雰囲気を残しつつ、若い店主が頑張る良店が新風を吹き込んでいる感じです。
    お帰りの際には、ぜひ横浜散歩もお忘れなく!

  3. たけ より:

    子供の頃、中華街に行かない時の中華料理がこのお店でした。
    最近できた前の中華店(行ってませんが)よりずっと良いお店ですよ。
    アピールが少ないけどお得なランチとかもあるし。

  4. 管理人 より:

    >たけさん
    懐かしのあ味ですね。
    確か前の中華屋はどこぞのチェーンでしたっけ?
    中華激戦区だし、半端なラインでよく勝負かけてきたなぁという感じ。