野毛の「サビナンド」でプレート

スポンサーリンク

野毛坂に出来たスパイスカレーのお店。

ランチタイムのみ「ボーダーライン」の店舗を間借りした営業です。

にわかにスパイス香が立ちこめてきた野毛エリア。

そういえば、昨今のカレー界においては”間借りカレー” というのが、一つのキーワードになっておりましたね。

よくよく考えてみれば、野毛だって、横浜有数の飲み屋街です。密度の高い就業地に隣接しない点で、必然性はやや低いのかもしれませんが、空白となる昼時間に間借り商売のポテンシャルが隠されているのかもしれません。

こちらも昼間のバーを借りて、営業を始めたお店です。

オープンしてなだ間もないし、ブログも例によってミサイルさんとこくらいしかヒットしないから、すっかり甘く見ていたのよ。そしたら、図書館とか野毛山関連のお客さんなのかな? 女性客を中心に、すでに人気店になっておりましたよ。満席や品切れで、私も何回かフラれることになりました。

入り口がガラス張りですし、バーとしてはそれなりに開放感があって、楽しい空間です。ただ、食事の場として、満席近くになってくると、だいぶゴミゴミした印象になりますね。

メニューは本日のカレープレートに、トッピングとドリンク類が少々といった内容です。表の黒板にプレートの内容が記されていますよ。

いや~ん! インダスのお花畑や~ん!

旧来、インド料理のランチと言えば、具の乏しいカレー、ナン、干からびたサラダに決まっていたわけですけど、こういうふうに、数種のカレーととりどりの副菜を盛り込んだワンプレートが食べられるようになって、本当に嬉しいですね! 背に大群を率いて、マサラなダンスをしたくなっちゃう気分。

この日の内容はココナツチキン、 マトンとひよこ豆、ダルのカレーに パパド 、三つ葉のサンボル、 大根のスパイスあえ、 紫キャベツのピクルス、ポルサンボルとのこと。この他、ダルと三葉の間に、桜えびのを使ったおかずも加わって、おいしかったですよ。

長米ライスは普通盛りに止めましたけど、十分な分量があり、さらに大盛りもOKなんだってさ。

お店も駆け出しですし、カレーについては、比較的オーソドックスな印象かな。今のところ、副菜等の構成も大きく変わらないみたいで、 「丸祇羅」のように日々表情を変えながら遊んでくるような段階ではないようです。

でも、お味はおいしいし、ボリューミィだし、大満足だよね。

今後にも大いに期待できそうですよ。

コメント一覧

  1. インスタ等のSNS情報は流れやすく検索にかかりにくいから
    盛り上がっていても外側の人間からすると見えにくいってのはありますね。

    ちなみに先日TVKで取り上げられてました、ここ。

  2. >ミサイル超獣さん
    とりあえず、私の情報ソースがスカスカになっているということだけは分かります。
    今さら、フェイスブックやインスタを始めるのもなんだかなぁと思って! このまま朽ちていく流れですよ。

タイトルとURLをコピーしました