野毛の「清香楼」で香港風油そば

スポンサーリンク

大通りにある中国人中華のお店。

福富やら関内やらにも支店を出して繁盛してるんだけど、
ちょっと安っぽいんじゃねーかなと思って、敬遠してきたのよ。

まだ夜の早い時間だったんだけど、
店内はいろんな素性のお客さん達で賑わっていたわ。
ホールの姐さんもパワフルにお客を引っ張り込んでいて、たのもしい。

オヤジのピン客もそこそこいて、私も相席で大卓を囲むことに・・・
こういうシチュエーションてさ、剣客同士の腹の探り合いみたいな空気あるよな!

さておき、メニューはオーソドックスで豊富。
値は総じて下町価格なので、たらふく食べられそうよ。

今回、このお店の扉を開くきっかけになったのは
和えそば大スキーな私が、店頭で気になる新メニューを目撃したこと。

油そば!

なにやら香港風と清香楼風の2種類があるんだけど、見た目はおんなじ。
違いを聞いてみたらラオガンマー的辛味の有無なんだそうだ。

私はラオガンスキーでもあるので、辛い香港風をお願いしたよ。

冷やし中華のような具は蒸し鶏がたっぷり乗っていて良い感じ。
こういうあえそばには下手な煮豚なものよりもよく馴染む気がするよ。

麺は平ったいタイプをベロベロに柔茹でしてあった。
ボリュームもあるはずなんだが、この手のメニューって麺をたくさん食べられちゃうから
そんなにガッツリには感じられない程度かな。

お味もどこか物足りないような、個性が薄い感じでもあるんだわ。
カキ油も主張せず、単に甘辛醤油な生卵和そばって感じ。
辛味もパンチは薄いので、好きな人は激辛指定してみよう!

他の客が頼んでいたセットの半チャーハンのボリュームやら、
てんこ盛り盛りなパイコー飯なんかを横目で見てしまうと、
記念すべき初回注文は、この店の真髄をハズしてしまったようだ。

また来て、飯物をガッツいてみたいよ。

コメント一覧

  1. 料理に特筆すべきものはないのですが、
    比較的回転がよくて居心地がいいので、よく利用します。

    でも野毛の中華ではそこそこおいしい方だと思います。
    個人的には、牛ばらそばとか、細切り豚肉の汁そばなんかが好き。

    まぁ横浜にはレベル高い店がたくさんありますが、
    ここら辺のサラリーマンが、ちょっと食べて帰るという意味では、いい店です。

  2. >つちころりさん

    >料理の盛りをもう一杯
    >中華料理は、ガツガツ食べてこそおいしい。
    >ガツガツ食べるには、それなりの量も必要ですよね。
    >だから、私たちの気持ちをもう一杯盛らせていただきます。
    >お腹いっぱい、幸せになって下さい。

    HPにいい事書いてある!

タイトルとURLをコピーしました