野毛の「アメリカン バジル」で4種のチーズバーガー

野毛の立ちのみアメリカンバー。
「バジル」の3号店ね。

この日は日曜日のまだ早い時間。

3,40代のアーバン男子を中心としたお客たちが厨房と歓談中。
やはり、ある程度の常連コミニティはあるんだろうな。

奥にほんのちょこっとテーブル席もあるけど、
カウンターも含め基本的には立ち飲みスタイル。

みんな、よく立ってられるなぁって、
腰痛持ち、体力なし、すぐ座りたいデブは感心するよ!

メニューには小奇麗なおつまみ類もあり、串焼きやフライなども。
どうやらコテコテのアメリカ食専科ではないみたい。

カウンター上の黒板にいろいろ書いてあるという、
お店のシチュエーションだけでもだいぶ心踊る。

内容はそうそう書き直してないとは思うけど!

ドリンク類も安いし、気軽に利用できそうなお店だね。

まずはフィッシュアンドチップス。
揚げたてでボリュームは十分。

魚はナゲット大の小粒で、カリパリな衣。
やや臭みが残るチープ感じを、
タルタルの力でねじ伏せる感じ。

エビとアボカドのタコス。

具とサルサソースがほぼ同じくらいの量で、
バランスがいいのやら悪いのやら。

小さめなので飢えた胃へあっという間に吸い込まれてしまいます。

そもそも、下戸の私がなんでこんな場所までやってきて、
薄すぎるハイボールなどをすすっているかというと、
それっぽいバーガーが食べたかったからなのよ!

そんなわけで、小ぶりな4種のチーズバーガーを。

出てくるまで、かなり時間がかかったんだけど、
トマトや輪切りのオニオン、レタスなど、けっこう綺麗に作ってあるんだわ

ただ、チーズが4種かどうかいう前に
なんとなく昭和なパテが弱すぎて、ザ・アメリカを齧った感は薄い。

結局、我が果て無きバーガー欲は満たされなかったのだ・・・

本家と同じで気さくな環境と、
コストパフォーマンスの高さはあるけど、
やっぱ出てくるものはそこそこなのかな。

レクタン大

コメント

  1. さのやなぎ より:

    「バジかつバーガー(ミルフィーユ系)」「アボガドバーガー(アボガドソース)」の食し方を
    探求しました.なかなかに、いける味とは思いますが、酒呑みには向きません.

    パンパテのバランスが微妙なので、ちびちび呑みながらはとても無理ですね.
    あふれるソースで手と唇を汚しながら、酒を呑むタイミングが無く大口を開けて
    一気喰い!になってしまいます.結果、ナプキンで唇をぬぐい、洗面所で手洗い後に、ゆっくり呑むという事になります.

    私の数度の試作喰いの結論:上のパンを横に置き箸で「パテと野菜を肴」にして
    酒を呑み、適度なバランス(3分1残位)にパテが減ったところでバーガーとして
    食すことです.そうすれば、手も唇も汚れず落着いてゆっくりと美味しく呑めますぞ!

  2. 管理人 より:

    >さのやなぎさん
    バーガーを酒のつまみにするなんて言語道断!
    全身全霊をもってバーガーにかじりついてください!
    つまみはポテト、ドリンクはコーラかルートビアしか認めません!

  3. さのやなぎ より:

    はっはっは!ほんま師匠さま.

    いわゆる洒落ですよ(笑)酒呑みはあらゆるものをアテにしてしまうのですよ.

  4. 管理人 より:

    >さのやなぎさん
    おにぎり+ぬかづけ+冷酒はイケるのですけどね。
    バーガーはチビチビ食べづらいですよね。
    やっぱし、一気食いしか無いでしょう!