海の公園の「金沢文庫芸術祭」

スポンサーリンク

称名寺近隣を発祥とするアート祭。

海の公園で行われたメインイベントを覗いてきました!

この季節の猛烈イベントラッシュに埋もれてしまうためか、
これまで私の手元にもろくに情報が入ってこなかったので、
おそらく地域のしょっぱい催しなんだろうなぁと思っていたのよ。

いやいや、予想以上の大規模で、たいへんに盛り上がっています!

公園のさわやかな自然環境を活かした会場は、
手作りアートによって賑やかに飾られており、すごく楽しい雰囲気。

音楽ステージやパフォーマンス、
クラフト販売やワークショップなど、内容も多彩で盛り沢山。
家族連れで一日中いても飽きないイベントになっていますよ。

なぜかヒッピーぽさが濃厚に漂っているのですが、
立派に馴染んでおり、かの輩と野外イベントとの親和性はハンパねぇな。

お目当ての飲食屋台だって、充実してます!

エスニックのお店が多いかなって印象ですが、
近隣のお店を中心に、幅広いラインナップで面白いわ。

ちなみにゴミは購入店に返すエコなシステムで会場も汚れせん。

まずは「酔風満月堂」の焼きたぬきそば!

なんと日本蕎麦を焼いてあるんですね!
桜えびなんかが入った揚げ玉が、食感と風味のアクセント。

そばはもっすりとした食感で、うん、面白さ勝負なメニューだな!

同じくジャーク焼き鳥。
エストラゴーーンて感じの風味です。

こちらはレゲエ居酒屋さんの屋台なんだね。

「八ヶ岳スモーク」の全部盛り。
八ヶ岳の間伐材を使って作っているというふれこみ。

検索してみたら、各地でイベント出店してまわっているみたい。
そういえば私も信州の桜まつりとかで何度か見たことのあるな。

なんとなく手作りのイメージは薄いし、
いまいち屋台の母体もつかめないんだけど、
マジモンならちょっと安すぎるような気もするよ。

ただ、まぁ旨いっちゃ旨いし、食べごたえは十分。
特に骨付きのチキンがいい感じだったな。

「国際友人の会」ではシンガポール料理。

大根餅や揚餃子、焼きまんじゅう、カレーパフの点心盛り。

基本は中華なんだけど、チリやスパイスが南国を思わせるな。

「asian goyang lidah」はインドネシア。

ソトアヤムはあっさりとした鶏のスープ。
春雨を入れてヌードルにして販売していたよ。 

サクサク揚げた薬味の香ばしさ、
また、辛味を溶かすと違った味わいになって面白い。

「honobono号」は茅ヶ崎のカフェらしい。

湯河原あたりで採った自家製はちみつの各種ドリンク。
はちみつ青みかんのソーダ割りをいただいたよ。

まだまだ盛りだくさん。

飲食屋台は大きく2つのエリアに分かれていたのだけど、
両方どころか、片方の気になるものを制覇することが出来ないまま、
パツパツの満腹になってしまった次第です。

うん、面白かった。
来年も楽しみに出かけようと思う!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました