スポンサーリンク

並木北の「富貴」で祇園舟、サンタ

金沢区のシーサイドタウンにある和菓子店。

私は湾岸道路の内側に全く馴染みがなかったのだけど、こんなに大規模な団地街になっていたんだね。かの飛鳥田六大事業として、海側の工業地区と共に整備されたんだそうな。昭和の上り坂には大きな夢があったんだなぁと羨ましく思います。

完成してから既に40年近く経っている計算ですが、あんまり古さは感じさせませんね。緑も多く配され、なかなか気持ちの良い街並みになっています。ただ、きっちり作りすぎて、変化や発展の余地も無さそうだから、実際に住んでみるとつまらないのかも。他の団地と同様に住民の高齢化もあって、静かすぎる気もします。

そんな金沢シーサイドタウンの中心区画、センターシーサイドにあるセンターシーサイド・ショッピングセンター。オセロなら真ん中がひっくり返って、センターが4つ続くことになるからね! センター北、センター南とかと同様のセンス無き官製ネーミングです。 

他に逃げ場のない土地なので、商業の需要は相応にありそうなのですが、実際は湖畔の一等地に建つオーケーストアだけで全て賄われてしまうようで、商店街の景気はよく無さそうですね。つか、オープンカフェとまでは言わないけど、せめて、マックなりはできなかったのだろうか。

そんな中で頑張る和菓子店です。

店先のワゴンに並んでいるのが、仕入れのクッキーやおかきだったりするので、すでに終わりかけのお店かなと思ったら、そんなこともなかったよ。

たしか、ブックマークしたのは県指定銘菓のリストからだったと思うのですが、富岡八幡宮の神事ゆかりの祇園舟など、面白いお菓子がいくつか目に付きましたよ。

祇園舟は黄身餡を麦焦がし入りの皮で包んだ焼き菓子。真ん中に仕込まれているのは、おめでたきお多福豆です。

金沢とうふは「吉田屋」のとつかとうふみたいなもんで、豆乳入りの蒸し皮で羊羹を挟んだもの。いくつか種類があってこれはゆずです。

いもまんじゅうは称名寺のお茶会で使われたものみたい。特に芋っぽくはないのですが、皮にシナモン香る焼き芋風。

あんこロールは、ゆずと大納言の2種類。よりあんこの多そうな方を選びましたが、いやぁ十分な満足感だわ。そして、ぶ厚切りで食べてもすっと食える塩梅が良いです。その他、カステラやマドレーヌなんかもじぶんちで焼いているみたいよ。

保存が効くパッケージ菓子の他、上生菓子の気が利いてる風が気になって、後日再訪しました。

まさかのクリスマスモチーフ! こういう柔軟な和菓子って、デパートなどではたまに見かけるようになりましたけど、並木北で出会えるとはね。店頭対応は婆さんでしたが、作り手は息子さんの代に継がれたのかもしれませんね。

お菓子のお味は総じておいしいです。私は素朴な利休饅頭が気に入りました。

コメント一覧

  1. 並木出身です。富貴の隣りのトヤマミートでは買い物しませんでしたか? 自家製ハムやソーセージのレベルが非常に高いです。次回並木に行く時は是非。

  2. >曙町の住民さん
    ああ、やっぱり、そう来たか。
    夕飯の予定があって、買って帰れなかったんだけど、店頭のお惣菜からも圧は感じてたんだよ!あと、お隣に加工場名義の一角あるし、気にはなったの!次回は是非覗いてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました