横浜南部市場の「横濱屋本舗食堂」で海鮮丼

スポンサーリンク

ブランチ南部市場のその後はどうなのか?

平日でも駐車場は埋まっていますし、思ったよか賑わっているのですよ。

ただ、テナントは依然としてスカスカなまま。神奈川県版道の駅的な理念もほぼ実現できておらず、ただスーパーの「エイビイ」が、すっげぇ力で施設を引っ張っているような状況なんじゃねーかと推察します。

こちらは食の専門店街に入る海鮮食堂です。

市場の食堂の中では比較的新しいお店です。以前は市場の入口にあった管理棟に店舗がありましたが、この度のリニューアルに先立ち、関連棟へ移転してきました。

規模も内容も縮小しての再開だったんだけど、現状、食事処に乏しい南部市場の環境においては、数少ない選択肢として人気が高く、週末やお昼のピーク時は行列も珍しくありませんね。

かつては仕入れ次第の品があったりして、メニューも面白かった記憶があります。

現在は天丼か海鮮丼か焼き魚かというような、ベタなお決まりの内容になっています。

竹の子や菜の花を取り入れた春の濱天丼は、半熟玉子天も入って手堅い仕上がり。だし汁やわさびもついて、後半は天茶としてもいただけますよ。

こちらは海鮮丼。

高齢客が多いからか、酢飯は薄盛りとなっておりました。

特に横須賀なり三浦なりを感じる海鮮丼ではありませんし、市場らしいお手頃でもありません。

ただ、マグロをメインにしたお刺身はどれも合格点以上においしくて、これはこれでいいのかなと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました