平沼橋の「ほ志精肉店」でやきぶた

平沼商店街にあるお肉屋さん。

たしか読者の方からのオススメをいただいたお店なのですが、
先だって、PC内のメールやアドレスを全て消し去る事件があったため、
言及できず、すみません&ありがとね!

「角平」とか幾つかの飲食店の他は、
だいぶひっそりしちゃっている平沼橋の商店街です

お肉屋さんもありましたね。
名物をうたってPRされているやきぶたの存在は確かに気になっておりました。

なにせ、のぼりが二本もはためいちゃってるからな!

入ると正面にケースがドーンとあって、
何本もの焼豚が釣り下がっていますよ。

それも、まだ焼きたてらしく、照り照りしてるじゃーん!

注文するとお好みの脂の量を聞かれ、
うーむ、どうしようかなぁなどと悩みつつ、
小ぶりの塊を見繕ってもらいました。

量り売りだしさ!
脂と肉が等価になるのは悔しいのだけど、
もちろん脂も欲しい、貧乏人デブの葛藤だよ!

持ち帰って開けてみたら、まだほの温かく、
たまらずにつまみ食いをしちゃうわけですよ!

うん、しっとりして、実にやわらかいね!

お味は塩コショーのシンプルなお味で、
食紅レッドの甘い部分はしっとり浸してある程度です。

普段口にすることが多い中華街のそれと違って、
お肉屋さん系統のお肉を味わう焼豚であります。

素朴な支那そばに乗せて食べたい感じ。

レクタン大

コメント

  1. じょも より:

    角平のカツ丼に使われているロースはほ志精肉店から仕入れたものだ、と聞いたことがあります。確かに店内の鏡かなんかにロゴが入ってたような…
    近いところにあってしかも小売もやってるんですね!
    焼豚うまそうです。

  2. 管理人 より:

    >じょもさん
    角平のカツ丼は揚げたてでやってくれると最強クラスなんだけどなぁ。
    でも、また久しぶりに食べたくなってきたな!