二俣川の「温故知新珈琲」で温故知新ドック

商店街にある喫茶店。
午後の受付開始までの時間つぶしに入ってみたの。

この商店街、二俣川フォルテというらしいのだが、
「シャープ通り」「フラット通り」などと音楽をモチーフにしてるみたい。

常時、上品なBGMが流れているのだが、
そこはかとなく寂れた感じなので、まぁ音が響くこと響くこと!

お店はややクタビレの出たウッド環境。
コーヒーの香りというより、ややタバコ臭を感じるかな。

スポーツ喫茶的に店内のモニターではサッカーが流れてたよ。
BGMはロックで雑誌はナンバーとかロッキングオンとかanan。
調べてみたら、これら全部が10年以上前のものなんだそうだ。

不器用そうなバンダナ巻のオッチャンが一人でやってるみたい。
昼時のお客はひとりふたりという感じだったけど、
ほぼ常連でまわっているお店なんだろうね。

ドリンク類は専門店の相場だけど、
ケーキや軽食なんかのサイドメニューは安値で、
気兼ね無しにくっつけることができるのがいいわ。

炭火焙煎ブレンドと、ホットドッグを・・・デブのデザートとして・・・

ブレンドは苦味の深い云々あったが、
抽出した珈琲をお湯でうめたような感じで、
お味以前にやや薄いと思う。

私よりだいぶ後に来た常連と同時に仕上がったのだが、
そっちからサーブしやがって、順番が違うんじゃねーかと思ったよ。

珈琲を透明なカップでいただくのも初めてなのだが、
色をたのしむというより、寒々しい感じでイマイチかなぁ。

ドッグは自家製ハーブソーセージを使っているとのこと。
ややボロリとした舌触りのホームメイドっぽさあるんだけど、
これはこれでいいのかなと思った。

バランスとしてはパンがもうちょい小さい方が、
ソーセージの味が埋もれないかな。

レクタン大