白楽の「たいやきかふぇ 浪花家」でたいやき

スポンサーリンク

ピーコックの手前にできた鯛焼き屋さん。

近年、暖簾分け店が増殖している麻布十番の「浪花家」
ついに横浜市内にも出店してきたみたいですね。

お店は商店街の中といっても、
人通りからちょっと離れた場所なので、割とスローな営業風景です。

継承するのは味や技術だけでいいのに!
店主の兄貴はやはり昭和な丸眼鏡をかけていますよ。
徒弟制度の理不尽に彼の奥歯はすり減っていることでしょう。

たい焼きや茹で小豆の他、
焼きそばや水出しコーヒーなんかも出しているみたいです。

注文後すぐに渡してくれましたが、
惜しいことにヌル~い焼き置きでありました。

天然一枚焼きの魅力は、やはりパリッと焼かれた薄皮だと思うのですよ。

本店や観光地と違って、常に焼き続ける状況ではありませんし、
一個のためにいちいち焼きを入れるのもかったるいでしょうが、
キモの部分を怠ると次につながらないかなと心配します。

もっとも、ちょい塩っぽい餡こはおいしく、
フニャっていても、それなりにいただけます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました