スポンサーリンク

六角橋の「焼菓子工務店」で英国風レモンケーキ

六角橋にできた英国焼菓子の良店。

かつては白楽広報大使を自認していた私でありました。しかし、近頃は自転車のに空気を入れることすら億劫でさ! 良さげなお店のオープンを知って、こりゃすぐ駆けつけねば!と鼻息を吹き出しても、その”すぐ”が半年後だったりするのです。消防士にならなくて本当に良かったね。

お店はバス通りからちょっと脇に入った場所にあります。

「小松工務店」のビルに入っているからこの名前なんだろうか? 店内もコンクリート打ちっぱなしだったり、ブロックを積んで台の基礎にしていたりで、まさに工務な無骨が漂うカッコよさ。

お店はイケメンが一人でやっているみたいなのですよ。普通ならここには嫉妬しか生まれないわけですが、対応も丁寧だし、お店も良い雰囲気でやっていて、好感持てちゃうから悔しい! つか、甘いもので簡単になびきがちな私です。

基本的に前日に仕込んで熟れたものを販売するスタイルらしく、今んとこ、週に3日の営業になっている様子。台にならぶ焼菓子は10種類くらいかな。パッと見は華美な感じではなくて、比較的シンプルで飾らない印象なのですよ。聞くところによると英国で修行されたとのことで、なるほど、そんな感じだわ。アフタヌーンティ!

2卓のみなので、平日でも競争率は高そうですが、簡易なドリンクと共にイートインすることも可能です。

一番人気は右手の英国風レモンケーキなんだって!

みっちり焼かれていて、ほんわか玉子の風味がするのがいいね。んで、レモンの爽やかさが、後口をすっと軽くする感じ。なかなかバランス良く出来ていて、おいしいのですよ。

ロンドンクロワッサンは今まさに焼きたての皿が出てきたところだったから、たまらずに追加してしまいました。外側がパリッパリのサクサクなだけでなく、内側がムッチリ熱々なのが、焼き立ての妙でありましょう。いつも、すぐ売れてしまう品とのことでしたが、持ち帰らずにその場で食ってほしい逸品です。

やっぱり、良いお店じゃないか! みんなもすぐ行ってみるといいよ!

白楽エリアの常として、良店の商売が花咲きづらいことを心配しておりましたが、んなことはなくて、地元らしきお客さん達が次々やってきておりました。もう十分に認知されているようですね。

しかし、「白楽ベーグル」や「まめ」に続いて、六角橋に恐ろしいスイーツトライアングルが出来てしまいましたね。住民がうらやましいな。

コメント一覧

  1. チョコレート菓子が中心となる「黒菓子工務店」にもなります。
    神大があるから?か、白楽は懐が深いです。

  2. >つちころりさん
    まじかーー!行ってみたいぃぃ。
    ツイッターがあったから、早速フォローしました。

  3. イケメンとか英国で修業とか言われたんで「王子の味」と読んでしまいました。王子の味ってどんなだろう…って妄想が広がりました。行ってみたいです。

  4. >dasamaさん
    王子のロイヤルな味をぜひ堪能してきてください!

タイトルとURLをコピーしました