白楽の「寿屋」ではまぽーく煮豚と玉子やき定食

スポンサーリンク

六角橋の闇市商店街にある定食のお店。

久々の六角橋です。

商店街の様子はどないかなとキョロキョロしながら歩いていたところ、なにやらキッシュやカヌレの冷蔵ケースが目に入ってきてさ。

あれ、新しいお店かな?と思ったら、定食屋さんでした。

つか、定食屋さんだったのか、ここの店は。以前はもっと一杯飲み屋的な雰囲気を醸していたので、下戸な私はとっつかなかったんだよね。客層的にも、シフォンケーキを持ち帰る奴らが繁く通うとは思えないから、意外なキャラ変ですよ。

ちょうどコロナでお客もいないから、気になりついでに、さっくり昼飯をやっつけてしまうおうと入ってみました。

お店は奥さんが一人でやっているようで、この時節、やや疲れが見える感じでした。

メニューは肉野菜炒めや焼魚、唐揚等の定番の他、はまぽーくを使った諸々の定食が中心。もちろん、おかず単品での注文も可能で、それらを肴に昼から酒も飲める系のお店であることは変わっていないようです。

本日のおすすめ、はまぽーく煮豚と玉子やき(小)の定食。

玉子焼きが作り置きじゃないの! 

巻きたてホッカホカ! もうね、これだけでうれしみが溢れてきますわね。

煮豚は肩ロースかな。ほんのりソースっぽさを感じるテイスト。きっちり煮締めてあるから、ブランド豚らしさはあんま分からんのだけど、脂は甘く、ご飯の進むおかずです。

最も気に入ったのはね、中央のカブの甘酢漬。いわゆる菊花蕪のように丁寧に包丁を入れたものを漬けてあるから、カブの味わいや食感が楽しめます。なるほど、ちょっと気が利いてるお店なんだなって感じました。

アル中ジジイ相手の大衆飲屋ではなく、素材や健康にも気を使った系のお店だったみたいね。会津産のお米もおいしいし、思いの外、良き定食どころでしたわ。

メニューになかったから、頼みそびれちゃったけど、次はカヌレも食べてみよ。

コメント一覧

  1. りっぱな卵焼きだな~って見たましたが、作りたてなんですね。
    とても美味しそうです。

  2. >Caさん
    玉子焼き定食ならまだしも、副菜的な半サイズのものでも手抜きせずに提供してくれるのが嬉しかったです。

タイトルとURLをコピーしました