【閉店】六角橋の「じょんならん」でぶっかけ(親子)

バス通りをちょっと入ったとこにできた讃岐うどんのお店。

新しくこざっぱりとした店内は白木のカウンターのみ。

関西系の店主がやや暑苦しい雰囲気かな?
なにやら香川の有名店で修行したんだそうだよ。

メニューはいわゆる讃岐うどん屋のスタイル。

うどん単品に細かくトッピングを選ぶというよりは、
予め組み合わせて提供するのが基本みたいだわ。

なかなかおいしそうなうどんだよね!

ぶっかけうどんの親子トッピング。
親子というのは胡椒をきかせたとり天に温泉卵をつけたもの。

ダシはやや甘めの仕上がり。

うどんはコシやエッジ、つややかなのどごしに感動しちゃう!

・・・というほどではないんだけど、
噛みごたえに適度な粘りがあって、
横浜の中でもイイ線いってるおいしいお饂飩だわ。

一杯のボリュームもそこそこあるよ。

ただ、注文後に茹でるとか何とか書いてあったけど、
冷たいうどんに関しては半茹で置きだったような気がするぞ。

冷たいかけうどん。

ダシはぶっかけよりだいぶ塩っけが薄く、
鰹節やらの風味を楽しむ感じかな?

兄貴いわく「うちは関西風ですから薄いんです」とのことで、
確信犯のバランスみたいだけど、うどん汁としてはだいぶ薄いと思う。
これって温かくしたら、更に淡くなるぜ。

こっちは長天ちくわ天というトッピングを選んだんだけど、
これらが揚げたてでやけに旨い。

特に長天という細長いさつま揚げがヤバイな!

釜玉はうどん粉の塊を機械で伸ばし切って、
ちゃんと茹でたてを出してくれたよ。

食感はだいぶ優しくなって、これはこれでいいよね。

卓上にあるのは生醤油ではなくダシ醤油みたい。
ちょこっとかければ十分よ。

むしろ、うどんだけをズバズバ食べたい気もするし、
もう若干安いと気軽に寄りまくれるんだけど、
物価の差とかでしょうがないんだろうね。

その分、揚げたて、茹でたて、店主は口数少な目に
って感じで自重してくれれば、十分価値があると思うな。

レクタン大

コメント

  1. hage より:

    2017年12月10日に閉店するみたいです。

  2. 管理人 より:

    >hageさん
    こちらも残念でした。