反町の「ゴルジュ」でキタノカオリのブール

スポンサーリンク

反町の交差点にある実力派のパン屋さん。

「オグラベーカリー」創業者のお孫さんが「ブノワトン」や「ロブション」で修行して、同じ場所でお店を復活させました。

元々の昭和パンのテイストは残ってないんだけど、その点、寂しさは一切感じないわ。だって、新しく列んでいるパンがどれもすんげー旨そうだから!!

ハードパンやバゲットの真面目っぷりだけでなく、クロワッサンやデニッシュ類の華やかさは、こんな東横の果で拝めるものではありませんよ。

それほど大きくはない棚なのに、何を選ぶべきか苦悶の表情で悩む私!!

コロナで入店制限してるのに、邪魔すぎるデブ!

以前に寄ったときと比べて、レモンケーキ、バナナケーキ、カヌレ、チーズケーキ等の焼菓子類が充実したんじゃなかろうか、甘いデニッシュに加え、楽しみがさらに増えました。

パンは、見た目だけでなく、お味も抜群ですね。

特に気に入ったのは右上の丸いやつで、米粉を使ったうんぬんて書いてあったのだけど、焼くと外はかりかり、中はモッチリむっちり柔らかくて、他店ではなかなか出会えないような逸品でしたよ。

良きパン屋さんであります。ご近所さんが羨ましいな。

コメント一覧

  1. ええ、近所っす。コロナ前は土曜朝とか、前日の売れ残りのアソートを大変お安くゲット出来たりしました。

    個人的には、クロワッサンが旨いので、パイ菓子系もオススメ。

  2. >つちころりさん
    パン屋さんは地域のものというか、クロワッサンをサクサクのまま持って帰れる圏内のお店を利用すべきなんでしょうね。いいなぁ~

タイトルとURLをコピーしました