東白楽の「くの家」でランチ

神工の脇にあるカフェ。

自転車でチャリチャリ帰ってくる途中、道路に看板が出てるのに気が付きました。
デブってば、そういうのにはやたら目ざといからね!

古民家リノベーションというか、工務店とか事務所を改装したような感じ?外見はパッとしていませんが、中は手作り感が漂うそれらしい作りになっています。

迎えてくれたのは元気で感じの良いお姉さん。

お昼は日替わりなのかな?
お決まりのセットが一種類ということで、チャレンジすることにしました。

実はさっき食べたばっかなんだけど!
所詮カフェ飯だしな!入るよな!

デブってば、食べる機会からは決して逃げない姿勢だし!

この日のメニューはどて煮とすじ肉カレーのあいがけ丼です。
ご飯は少なめにしてもらいましたが、お元々軽めで、お隣の盛りと比べて大きくは変わりませんでしたね。

つか、この手のお店には意外なことに、本来は生息域が異なるはずのオッサンやリーマンのお客さんが多く、次々入店していました。

この辺て、そんなに飯処少ないのかな?いや、まさかお姉さん目当てか・・・ 

どて煮はしっかり名古屋味でイケます。
ちょい煮詰まりで、お味が強いから、この上、カレーは要らないかもという気もしました。一方、カレーの方はサラリと軽い仕上がりで口直しになリます。

添えられたミニサラダなんか見ると、ちゃんと丁寧に調理してるんだなってわかりますね。

また、ちょこっとした黒みつきなこプリンも付けてくれます。
今度はお茶時に来て、デザートも食べてみたいですね。

モーニングから通しで頑張ってるみたい。
面白そうなお店ですよ。

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大