妙蓮寺の「岩月屋」で和風天津飯と水餃子

スポンサーリンク

駅前の商店街にあるお蕎麦屋さん。

ガチ丼でのエントリーを見て、気になっていたお店なんだ。

いわゆる町のお蕎麦屋さんだよ。

お昼時は近所の顔見知りなオヤジ達が、
みんなで食いに来ていて、満員の忙しさでした。

お蕎麦は手打ちらしいのですが、
ランチメニューを見るとちょっと面白い構成で、
人気はむしろメンチなどの定食類やセットメニューみたい。

エントリーしたサクサクかつ丼を目当てに来店したのですが、
やはりオリジナルっぽいこの品が目に入ってしまい・・・

それが和風天津飯。

一枚に収めるために引きで撮影しておりますが、
単品でもデブを十分に納得させるボリュームでやってきましたよ!

白米の上に玉子焼きを乗せ、
鶏南蛮のあんかけをかけたもの。
酸っぱくはありません。

考えてみれば、丼の総本山たるお蕎麦屋において、
和風餡をかけた飯物が存在しなかったことが、不思議なんだよ!

そばつゆをベースにしたトロトロがご飯に合わないわけがないじゃんね!

若干の食い足りなさやご飯への染み込みという問題点を、
この品は卵の補強によって、見事にクリアしている。

これはね、全国のお蕎麦屋が参考にして欲しいメニューです。

また、セットでついてくるのが、なぜか水餃子という謎。
ここはそのままお蕎麦でいいんじゃなんじゃないのか?

これは水餃子というか、お雑煮を思わせるようなスープ餃子なのよ。
餃子自体はチャイナメイドの業務用だと思うのだけど、
やはりホッとするようなお味で、悪くない。

それぞれ、お料理の仕上がりはユルい部分もあるんだけど、
店主のアイデアマンぶりは感じるなぁ。

たまに研究成果を覗きに行きたいな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました