中華街の「江戸清」でブタまん

大通りにある元肉屋。

マスコミの力はげに恐ろしい物で、
いつの間にか”肉まんといえば「江戸清」”という、
虚構のブランドが出来上がってしまいました。

ただ、これを支持する地元民は少ないと思います。

”大きさ2倍、旨さ3倍”を臆面なく謳っていますが、
サイズは中華街の標準的なものとさして変わらず、旨さは並以下。

そんでもって値段は一番高いというすげー商売であります。

餡はごま油風味の塩味。

キャベツでかさ増ししたり、
いらぬ甲殻の風味も混じっていますが、
だいぶマイルドな調味で、分厚い皮を食わせる力はありません。

お腹いっぱいになるのは、
大きいせいでなく、もうたくさんだからだな!

熱々よりもちょい冷めてからの方が、
落ち着いて食える味だと思う。

もっとおいしいお店がいくつもあるので、
あえてこのお店で買う必要はないと思います。

ゲスい宣伝に吊られないよう。

コメント

  1. つちころり より:

    改めて、確認しに行ったんですか?笑。
    だいたい、浜の店で、江戸だもん。

  2. 管理人 より:

    >つちころりさん
    千葉の出なので江戸でもないんですけどね。
    文句を書くために、改めて買わなくてはならないのは辛いですね。

  3. つちころり より:

    東京ディズニーランドみてえなもんだ笑

  4. 管理人 より:

    >つちころりさん
    千葉のマイアミってのも恥ずかしいです。

  5. うさこ より:

    わたしが小学生の頃は、肉がメインの商売してたような記憶があります。その後わたしが高校生くらいの頃は、大きさだけは群を抜いてたかもw

  6. 管理人 より:

    >うさこさん
    ケースに普通にお肉が並んで、焼き豚がつる下がってるような感じでしたね。
    大通りや市場通りの八百屋さんもなくなってしまいましたし、
    やはり風景は大きく変わっているのだなと感じます。

    誠実な商売をして、商品がおいしければ、出自なんてどうでもいいのですが、
    あれが中華街の肉まんを代表しちゃうのはさすがにダメでしょ。