中華街の「いく田」で大鶏排

スポンサーリンク

中山路の先にある肉料理のお店。

店頭で中華スナックも販売中です。

路地とはいえ、この中華街のど真ん中にしゃぶしゃぶ屋さんが適切なのか?

我々からすると全くピンとこないお店でありますが、運営会社の本業は生田さんが手掛ける淡水化装置や太陽光発電みたいですよ。

たしか、当初は高級焼肉屋として開店したんじゃなかったっけか。その後、試行錯誤しつつ、現在は肉を売りにした隠れ家創作和食店として落ち着いたみたいです。ただ、ランチは洋食だったり、店頭販売は中華だったりと、現実的な手探りも見えますね。

本来ならば、スルー案件でありますところ、ミサイルさんのまんざらでもなさげな記事が目には入ってきたから、困りました。

私ってば、揚げ物は控えるべきなんだけどなぁ、困ったなぁ。ミサイルさんへの義理があるから、困ったなぁ。いやぁ~、本当に困った、困った。

・・・などと他人のせいにしつつ、本当はいつでも揚げ物が食べたいデブなのです。

ダージーパイは台湾屋台スタイルのでっかい揚げ鶏。ここ最近、南門シルクロードのお店がプチブレイクしていますよね。

こちらではガーリックや黒七味、カレーなどのスパイスが選べるみたいです。

今回はオーソドックスなプレーンタイプをいただきました。鶏は店頭で保温ストックされておりますが、お姉さんに注文すると揚げ直してくれるので、十分ホットな状態でいただけますね。

渡されて、ズッシリ。

叩いて薄く伸ばしたものではなく、大きな胸肉をちょっと開いたものだから、厚みというか、重量感というか、食べる前から超メタボリック。 中華街でお食事予定の方は、うかつに手を出せないような一品ですよ。 これだけでお腹膨れちゃうもの。

衣はあなたの街のデリカキング風。醤油ベースの下味がついて、振りかけられる塩コショウ味も強くはありません。そうね、あんまり台湾みを感じる仕上がりではないかな。

ただ、単なる揚げスナックとして考えると、このデカさ、この食べごたえを、この安価でもって楽しめるのだから、もはや御の字というほかありません。むしろ、御の文字を、指についた油で豪快に書きなぐりたい気分でありますよ。

ちなみにランチのハンバーグは450gもあるみたいで、そっちもちょっと気になりました。

コメント一覧

  1. リニュアール後行った時はテイクアウトやってなかった思うんで、また変わってたんですね。

    ハンバーグはリニュアール前と代わってなさそうですが、頼むと「30分くらいかかりますが?」って聞かれました。
    ランチでちょっと遅れていくと時間的に頼みにくいです。
    味はもちろん抜群です。

    1階が満席になると2階に案内されるのですが私は足が悪く階段が辛いので辞退して以来いってませんが(笑)
    満席にならなくても客を見て2階という噂もありますが(うちの会社内で)

  2. ワタシが撮りそこなった全景を撮って頂きありがとうございます。
    しかし食べてくとかなりの量の油が出るので紙袋開いちゃうとあと大変だったんじゃないかと。
    ズボン油で汚したりしてませんか?

    ランチのカキフライがちょい気になってたんですが、ハンバーグも450gとか聞くと双方とも期待値上がりますね。
    近いうち試してみようかな。

  3. >Nuuさん
    そうか、ゆったり時間が取れる時にチャレンジだな。
    また、方針転換しちゃうかもだし。

  4. >ミサイル超獣さん
    引っ張り出して、安定させることが難しいサイズだったので、開腹させていただきました。
    この時は、比較的油切れが良かったようで、染みることもなかったのです、えらくお腹いっぱいになりました。

タイトルとURLをコピーしました