スポンサーリンク

中華街の「揚州飯店 売店」でイカの丸揚げ

「揚州飯店」の店頭で営業する軽食屋台。

こちらのお店は北門通りにあった「煎餅侠」「獅子脆皮鶏排」と同じような看板を使っており、いずれも揚州の関連店だったのかも。たしか市場通りでも同様のお店を見かけた気がします。

皆が横並びになって、既存の流行の尻に乗っかろうとするのが、横浜中華街のかっこ悪いところ。

今や大通りは焼小龍包まみれなのでありますが、観光客には意外と飽きられず、大商いがしぶとく続いておりますね。

近年では台湾屋台風の巨大な唐揚げ、鶏排に勢いがあり、店舗を拡大しております。甘い系だと、タピオカがいいかげん下火になって、串刺しいちご飴を手に歩いてる女子が多い印象かな。

神戸南京町ほどではありませんが、個々の屋台が味を競うのではなく、元締めが多店舗展開をしているような雰囲気なのよね。

今回いただいたのは轰炸大魷魚。

鶏排と同じ、ザクザク衣をつけたイカの丸揚げです。

うむ、デカいな!

某イカのゲームも発売されましたし、この単インパクトあるルックスだけでも、キッズは大喜びでしょうね。

ちゃんと注文後に揚げてくれるから、熱々クリスプな食感です。お味については、あじ塩味な衣の印象の方が強く、メインのイカの存在はあまり感じませんかね。

鶏排と迷うのならば、素直に鶏の方を選ぶのが賢明です。値段も安いし、お肉も食べごたえもあるしね。

どうしてもということであれば、ウェットテッシュ必携で挑んでみてください。

口も手もベッタベタになるからよ!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました