中華街の「楽園」で蒸し鶏、牛肉と玉子の炒めご飯

スポンサーリンク

善隣門を入ってすぐのところにある広東料理店。

近年、観光混雑がハンパない横浜中華街。
休日などは、なんぞ暴動でもあったのかというくらいの賑わいです。

出来ることなら、近寄りたくはないのですが、
市民として生活していると、避けては通れない状況も発生しますよね。

そんな中、この立地、この味、この値段のお店にしては、
どういうわけか、いつもスっと入れるのがこちら。

ワイワイせず、落ち着いてお食事も出来ますね。

とかく移り変わりの激しい街ですが、
かつての中華街の残り香を感じられるようなお店です。

蒸し鶏がおいしいです!
しっとりして、柔らか。

おばちゃんが、ごま油で和えた白ネギを散らして、
ザザッと醤油をかけまわしてくれますよ。

シンプルなお料理ですが、
こういうのがおいしいお店は概ね当たりなんですよね。

お料理は量もたっぷりで、
大通りの水準からすると手頃な価格だと思います。

キュッと絞った焼売もイケます。

具沢山の巻揚も名物だったはず。

この日はちょい焦げ気味でしたが、
やはりクラシカルな風合いのメニューだと思います。

エビワンタンもさっぱりまずまず。

あまからな五目焼きそば。

ふわっとした牛肉卵ご飯。

強烈にアピールするような個性はありませんが、
ノスタルジックで手堅い印象のお店です。

避難場所として、是非ご活用ください。

コメント一覧

  1. 嗚呼ここの茹でセンマイはウマイです♪

  2. >アリーマさん
    今度はモツの煮込み系を食べてみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました