中華街の「獅門酒楼」でMランチ

関帝廟の裏手にある広東料理店。

季節の海鮮を使った創作中華に定評のあるお店ですよね。

中規模のお店ですが、企業というよりは、親族経営の雰囲気です。
若い世代が工夫しながら頑張る一方で、大女将が勘所をギュッと締る感じなのかな。

気の利いたランチスポットとしても、近隣のワーカー共の高い評価を耳にしますよね。

もちろん、観光対応の定番定食や麺飯もありますが、他店の黒板には書いてないようなお料理定食がラインナップされるから楽しみなんだよね。

さらに何が出てくるか分からないというミステリーランチもあり、謎にときめくOLさん、優柔不断なお父さんを唸らせています。

一応、素材のヒントが示されるのですが、この日は「レバー」なんだって。
とりあえず、羊やモツ、発酵食品なんかに、やたら舞い上がってしまうエスニックラブな部族がいますよね。

中華+レバー ァウーーーーン! ⇒ レバニラ

ということで、何の捻りもないレバニラでしたが、まぁ、そういう日もありますな。

どんな面白いお料理が出てくるか、ドキドキしながら待ってたけどね!!
さっきから隣のおっさんが食ってるのを、なるべく見ないように!

ただ、お味はおいしいのですよ。
つぶ切りのニンニクが適度に香り、もやしはシャキ、レバーはプリッ。

ご飯はモリモリ進みます!

逸品といえば、デザートの紹興酒ムースを忘れてはいけません。
小ぶりなものがランチのデザートにも選べるのはすごくうれしいです!

つか、これだけ食べに来てもいいくらいなの!
紹興酒の独特な甘酸っぱい風味は、考えてみれば確かにデザート向き。

ほのかにアルコールを感じる大人のお味で美味しいです。
これは、よく作ってくれたなと思います。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★
レクタン大
レクタン大