中華街の「大三元酒家」で鶏の酢豚

媽祖廟のお隣りにある広東料理店。

気がつけば、食べ放題のお店ばかりになってしまった横浜中華街。

地元客は眉をひそめますが、そんなもんは景気にクソほども寄与せず、ひっじょーに多くなった観光客のおかげで活気にあふれていますね。

街の様相も目まぐるしく変わっておりますが、こちらはあまり変化の無いお店。
メインのストリートからはチョイ外れている関係もあって、いつも比較的空いている印象があります。

我が家も往時は、そこそこ利用してた覚えがあるな。
たしか、少年恰幅はこちらで初めて小籠包なるものを食した記憶があります。
なお、入り口でお饅頭類も販売してますが、これも悪くないお味なのです。

メニューはごくごくオーソドックスでお値段も手頃。
そういえば、食用カエルなんかも扱ってて、やっぱここで初めて食べた記憶があるな。

ここならランチ時間を外しても大丈夫です。
週替りの定食という形で、お得なセットがいただけるのがうれしいところ。

今回は鳥の酢豚という、
分かってはいても釈然としない品名のお料理と、カニ玉を選びました。

ご飯がお櫃でやってくるのもオールドスタイルなんだよな。
中には三杯分くらい余裕で入っておりますので、デブにもオススメです。

お味は今となっては全く垢抜けないのだけど、
なんかね、昔の中華街はこんな感じだったかな的ノスタルジックを感じるんだよな。

オプションで追加できる焼売。

お味はまずまずですが、蒸し仕上がりがちょっとカピっててイマイチでした。

杏仁豆腐も付きますよ。