中華街の「清風楼」でバンメン

関帝廟通りにある池波の通ったお店。

日々、エグい方向に変化していく横浜中華街でありますが、こちらは昔から全く変わらないお店ですね。

この場合、変わらないというのは必ずしも良い意味だけではなく、ババァの接客がクソとか、ちっとも落ち着けないとか、そういうマイナスなとこも含めてなのですが、客に阿らない頑なな部分が、昔の料理を変わらずに守り続ける結果にもなっているのです。

注文では、看板のシュウマイとともに焼き飯やワンタンなんかが人気です。しかし、今回はバンメンの写真を撮りにやってきました。

中華街でもメニューに残るお店は少ない、謎のローカル麺であるバンメン。

こちらのお店でもオーダーされることは珍しいのでしょうね。バンメンでなくラーメンが届いたのを、きっちり作り直させたところ、ババァが鬼の目で睨んできましたよ。くそぉ、なにか残念なことが起きてしまえ!

ただ、バンメン自体はこのお店のものが一番原型に近いように思えます。若干のスープでチュルリとさせた餡かけ和えそば。もっとも、私が原型を知るわけもなく、勝手にそう思っているだけなんだけどさ。

お味はしっかり昔風です。餡が甘い!やたら赤い!みたいな部分は、時代とともに消えていってしまったオールドスタイルだと思うので、激動の街でこれを守っている点、やはり偏屈も悪いことばかりでないと思います。

ただ、餡はやはりかなりの甘さなので、好き好きだとはおもいます。また、具的にも豪華なので、こちらでいうところの上相当のお値段になっています。