中華街の「龍鳳酒家」でミックスフライカレー

中山路の外れにある広東料理店。

以前、中華街の中華カレーがちょっとした話題となりましたが、こちらのお店では毎週金曜日のお昼限定で、安価なカレーランチを提供しています。なんか、海自みたいだよね!

周辺勤務者ならともかく、私はなかなか機会が作れませんでしたが、この度やっとの事でいただきますよ!

これといったメディア露出もなく、メインの通りからも外れているので、どちらかというと穴場的な存在の家族経営店です。しかし、みんなも大好きなカレーの効果なのか、お昼時の店内は満員でビックリしましたわ。

客層は近隣就業者がほとんどで、ひじきの小皿が違和感ないような、枯れ味滲む世代が多い印象でしたね。常連比率も高いようで、お姉さま方の接客もこなれておりました。

スープはあっさりほっこり味。プリッとした杏仁豆腐にはマンゴーのソースがかかっています。

待望のカレーは、ちょい荒っぽいな!

ルーは大量に仕込んだ欧風のもの。そもそも中華カレーの定義もあやふやなのですが、 中華鍋でさっと仕上げるタイプとは根本的に異なる作りですね。お味も含め、これはまぁ、ごくごく普通のややしょっぱいカレーかな。

ただ、デフォでもそこそこのボリュームあり。さらに大盛りにすると完全にデブ食になるようです。その辺はサービスですね。隣の兄貴がすごいことになったよ。

なお、この日はチープな業務カツとからあげを乗せたミックススライカレーでしたが、添えられるおかずは気まぐれで変わるようで、そこに中華らしさがにじむ例もあるみたいです。カレー単体だと、わざわざ目指すようなものではないと思います。

このお店のお料理に関しては、まじめでおいしかった記憶がありますので、日々ランチに通いつめる常連向けの「たまには中華じゃないもの食いたいわ」欲に対応した趣向ということなのでしょうね。