中華街の「華錦飯店 新館」で切昆布と海鮮の塩炒め

スポンサーリンク

南門シルクロードにある海鮮中華のお店。

コロナのおかげで、ガラッガラになってしまった中華街です。

少ないのはお客だけではありません。こんな状況で店を開けとく意味がねぇという経営判断の元、シャッターを下ろしているお店が多いため、ハマっ子の我々も初めて見るような異様な風景となっておりましたね。

日本人なら、皆で塩をなめながらギリギリまで耐え忍ぶ的な発想になりがちなところ、ドライかつ迅速な手当は、さすが華僑の方々だなと感心します。その一方で、コックさんとか店員さんとかの生活は大丈夫なのかとか、また元通りの体制が作れるのかとか、作れるのなら、それはそれでやっつけすぎるんじゃねーかとか、色々考えてしまうところでもありますよ。

一方、そろそろ皆の気が緩み始めてきたのか、ここ最近は学校お休みで行くとこがないのか、カップルやグループで遊びに来ている若者達の姿が増えてきたようにも感じられます。まぁ、立ち食いやランチのお客が戻っても、あまりお金にならないという事情もありましょうが、それでも、死んだ街よかマシだと思います。

さて、こんな時だから中華街ランチということで、お目当てのお店をいくつか廻ったのですが、この日はみんなお休みでさ。こっちの方まで流れてきた次第です。

魚屋直営ということで、ランチから海鮮を使った気さくな定食がいただけるお店。

切り昆布と海鮮の炒めは食べてみたかったメニューです。

この日 ”海鮮” の部分は残念ながら、冷凍シーフードミックスがチョロリで、非常に貧乏くさい体裁となっておりました。お味もごくごく普通の範囲内といえます。

ちなみに切り昆布で飯が食えるのかという、皆様の疑問について回答すると、余裕で食えますな!

こんな風に昆布を使ったお料理は中華街でもあんまり見ないから、楽しいよね。値段も安いし、ボリュームあるし、ちゃんと特色があるメニューを提供してくれる点で、選択肢にストックしておきたいお店なのです。

この状況下、ロスとなってしまう海鮮の仕入れは特に厳しく、このお店は母体の魚屋さんも含めて、影響がデカイのかなと心配しちゃいます。

なんとか頑張って生き延びてほしいなぁ。

コメント一覧

  1. 最近本館に行きました。
    肉類も美味い、よく分からん店です。好きだな。

  2. 華錦飯店の本店の海鮮系ランチが好きでよく食べます。
    新館は夜の定食を何度か使いましたが本館ほどじゃないんですよね。
    町中華よりハズレの時もあったんで「夜で定食だからかな」と思い直して一度平日の休日にランチに行ってみたけどなんかなーでした。
    お味もごくごく普通にやっぱり本館とは差があるのかななんて思いました。

  3. >つちころりさん
    新しいお店の中では頑張ってるなと感じます。

  4. >うんぱるんぱさん
    同じ系列で、同じメニュー、同じ素材とレシピでも、作り手の違いによって同じ料理にはならないのかもね。

タイトルとURLをコピーしました