中華街の「福養軒」で盛り合わせランチ

西門通りにある広東料理のお店。

聞けば大正創業の老舗なんだとか。

古式のクチコミでも、ネットでも、
あんまり評判に登ることがなく、
へぇ、そうなんだという驚き。

さすがに大正から変わってないわけでなはいと思いますが、
お店はかなり使い込んだかんじで、よく言えばノスタルジック。
照明も薄暗く、ちょっと場末な感じもあります。

家族経営のお店らしく、
お昼はホールのお母さんがてんてこ舞い。

でも、バサバサな中華街接客ではなく、
とっても優しい対応だったので、印象は悪くないのよ。

メニューもそれほど多くなく、古典的な定番が並ぶ感じ。
オシは豆鼓を使った料理なのかな?

ネットで見かけて気になっていたのが、盛り合わせのランチ!

そうだよね、1種類なんて決められないよね!
どっちも食べたいよね!

この日のメインはマーボーと豚玉子。
どちらもご飯の進むおかずです。

お料理は中国っぽさというよりは、日本の中華料理店の古いお店って感じ。
平凡な中にも、ほのかに気がきいているのよ。

今どき、チューリップなんかなかなか食べられないぜ!!

ご飯もおかわりできるし、普通に使えるじゃん。

ピタパンサンドなる軽食も出してるみたいだったので、
今度はお茶に寄ってみるかな。

コメント

  1. maruto082 より:

    戸部 萬里の 中華ランチを髣髴する三種盛りですね・・。

  2. 管理人 より:

    >maruto082さん
    戸部萬里の場所をやっと把握することが出来ました。
    店頭ではわからなかったですが戸部店限定メニューとかあるのかな?