【閉店】中華街の「六鳳居」で魚肉団子入り海鮮粥

中山路にある広東料理のお店。

平日のランチ時に立ち寄りました。

お昼の中華街は周辺のリーマンや役人が飯を食いに来るので、
かなり混雑しているんだけど、ここは比較的静かなんだよね。

人がいないからか、
店内もちょっと寒かったな。

他店にあるような日替わり定食は見当たらず、
粥や一部の麺飯が割引されるようなランチスタイル。

メニューをよく読むと飲茶はやりませんとか、
麺飯には小皿は出しません的なことが書かれていたり、
ややとっつきにくい部分もあるお店なのかな。

お粥はここの看板メニュー。
どっちの料理ショーにも出たという海鮮粥にしてみたよ。

エビ、イカ、あさりに魚肉団子まで入っているわりに、
かなりライトな、というか水っぽい仕上がりでいまいち。

あれー、前に肉粥食った時はもっと旨くて、
こりゃ穴場の粥店だと評価してたんだけど、
認識を改めなくてはならんのかな?

牛バラ飯はまずまず。

それっぽい風味で、柔らかすぎず、
大ぶりなお肉のぎっしりとした噛みごたえを楽しめる。

テーブルの写真でウマそうだなぁと思った豚足麺は
珍しい平皿盛タイプだわ。

ヌットリプルンとした豚足は文句なく旨い!

ただ、ベースのスープがあっさり過ぎるもんだから、
麺を食わせるにはやや弱いバランスかな。

つーか、他にお客がいないのに、
できたて感が全然ないのはどういうことなんだ?

表面がやや乾いちゃってるじゃんか。

最後に出てきた小籠包と冬の季節限定上海蟹焼売。

せいろを開けて、湯気が出ないって!

小籠包も硬くなりかけてるし、
お味以前の段階でかなり萎えてしまうよ。

こじんまりとしたオーナーシェフのお店で、
あまり混雑もしないから穴場だと思ってたんだけどなぁ。

ちょっとイメージ落ちたな。

カスタムフィールド
レクタン大
レクタン大