中華街の「徳記」で豚足ソバ

関帝廟通りの路地に隠れる広東料理店。

久々にアレがたべたくなったのだよ!

このお店、何の情報もなく、フリで突入するには、高いハードル設定だよね。

肝っ玉女将ががっちり切り回しているようなオールド店で、
昔ながらの味を残している数少ない料理屋さん。

かつてはガイドブックの定番店だったんだけど、最近はどうなんだろうか?

お客さんもどちらかというと、
すでに豚足を何百本も食っているような
中高年以上の常連が多いんじゃないかな?

名物の豚足ソバ!
具と麺はセパレートで出てきます。

まずは自家製ピロ打ち麺をすすって喉を湿しましょうね。

ここのスープはかなりあっさりなんだよ。
良く言えば優しい、悪く言えば薄いので、まずはこっちから。

そして、おもむろに豚足にとりかかりますよ!

これがトロントロンに煮込まれていて、噛まなくても食えるくらいなんだよ。

さすがに旨いよね!

ちなみに一本目は別々に食べて、
ニ本目は煮汁ごと丼に投入するのが私流であります。

こういう個性のあるメニューを出すお店って、やっぱ貴重だな。

コメント

  1. ヒデ★ より:

    見た目とは裏腹にスープは薄いですね。
    濃ければもっと行くかもしれないです。
    麺は良いんです麺は。

  2. 管理人 より:

    >ヒデ★さん
    豚足は文句無いのですけど、
    汁麺の方はもう一歩欲しいですよね。
    美味しそうに見えるだけに物足りなさは感じちゃいます。