【閉店】中華街の「留仙閣」で五目炒麺

スポンサーリンク

南門シルクロードの外れにある広東料理店。

中華街の外れでもあるんだが、
それにしても主張してこないお店である。
中が暗いせいか、トリックアート並の埋没感・・・

090520-002

そんなわけで、長らく謎のお店という存在だったのだが、
人間は誰しも、目前の壁を越えなくてはならない時が来るもの・・・

お店の中も薄暗く、テレ東の午後映画が流れる中、
近所のバァさんが一人そばをすするスローな光景。
お店はヲバちゃんと調理人も一人くらいなのかな?

お料理などは定番に絞られ、どれも大通り並みのお値段。
明確なランチはなく、麺飯系が若干安くいただけるようだ。

090520-005

ずっと気になっていたオリジナルと銘打たれた五目やきそば。

・・・五目焼きそばだ。

細蒸し麺を使った正統派のスタイルで、
やや塩気が強いのだが、まずまずイケるね。

海老がプリッと処理されていておいしい。
ほんのちょっとしか入ってなかったけど、チャーシューがおいしそうだ。

早々に酢をかけまわして、さっぱりといただいた。

本牧に点心の工場があるけど、本業はそっち?

値段もあり、お食事というには一歩踏み出せないが、
麺飯をさらりといただくには良い店なのかもしれん。

私が出るころにまた一人、常連ぽいバァさんが現れたよ・・・

コメント一覧

  1. おいらが中学生の頃、中華街に住んでいた婆ちゃんの姉さんが、
    「焼きそばの旨い店」ってことで、連れて行ってくれたことがある。

    ひゃぁ~懐かしいな。33年前の話だぜ!!

  2. >bays_starさん
    おおー
    やっぱし歴史あるお店なんですね。
    そう、何かありそうなんだけど、
    でも、なぜかとっつきにくいんだよなぁ。

タイトルとURLをコピーしました