中華街の「東北人家 新館」でラム肉と白菜、凍豆腐の鍋

広東道にある東北料理店。

西門通りの「東北人家」が出した支店です。

週末ランチの大混雑から逃げて、裏通りにやってきたわけですが、それにしてもやや寂しい客入りです。

けっこう面白いお店なのに、もったいない。
しかし密談向きではあるのかなと、遠くの席から漏れ聞こえてくる怪しい金銭話に聞き耳を立てつつ、お昼をいただきました。BGMに流れる大正琴のインチキインターナショナル感がピッタリハマっています。

メニューはやはり東北料理を中心としつつ、羊や鍋物に力を入れている感じ。
例えば、本館で皆が頼むであろう豚背骨煮も、こちらでは羊背骨煮になってますよ。

ランチは曜日替わりの小鍋定食が面白いです。
この日はラム肉と白菜、凍豆腐の鍋がありました。

白菜、高野豆腐の他に幅広春雨も入り、ミニ鍋ですが、分けて食べてもいいくらいのボリュームがありますよ。

汁のベースは安く、あんまり飯が進まない塩味です。
ただ肉片もたくさん入って、羊の風味はしっかり味わえますね。
この値段なら御の字であります。

ご飯は安く、ザーサイだより。
つか、中華街って、いまどきどこで売ってるのか分からんような白米出してくるよな!

本店同様、手頃値の一方で、お料理の仕上がりはやや締りに欠ける印象もあります。
ただ、お料理それ自体が珍しいので、十分に楽しめるでしょう。