中華街の「秀味園」で自家特製パリパリ鶏

関帝廟通りにある台湾料理のお店。

何年ぶりだろうか、綺麗になって以降、初めて入るな。

以前は民家の居間におじゃまするような環境で、
食事してると、だるだる部屋着の住民が降りてきて、
隣でおやつを食いだすような生活感ありまくりのお店だったんだよね。

改装の後、まさかこんなに変わっているとは!
店頭はやや宣伝が派手になったくらいだったので、分からなかったよ。

メニューも色々増えており、
すっかり普通の中華料理店になってしまいました。

まずは干し大根入りの玉子焼き。

なんてことないお料理ですが、
油たっぷりでふんわり焼くとおいしいよね。

看板のルーローハンは角煮がややマイルドになったような気もしますが、
しっかりとした丼サイズで、食べごたえは十分です。

以前からこのメニューがお店の主力で、
予算が乏しくとも気後れすることなくお食事できたため、
修学旅行生とかにも絶賛オススメしていたんだ。

未だに安価を維持して頑張っているのは立派です。

もっとも、スープセットを作って、
地味に単価を上げることはしているようです。

ワンタンはごく普通。
魚団子の方がいいかもね。

あとアンニンがつきますよ。

休日でも手頃値のセットや定食を食べられるのも良いですね。

Eセットは汁ビーフンに半チャーハン。
あっさりなビーフンは小鉢でなく、普通のどんぶりサイズ。

ベースのスープは特にどうというものでもないので、
ルーローハンや焼きビーフンのほうが好きかな。

定食にはちょぼい蒸鶏がついてくるのですが、
お肉自体についた塩味が良い具合で、地味に嬉しいです。

炒飯も悪からず。

他の全てを食べ終わったころに
おっとり出てきたのはパリパリ鶏。

名前通り、皮をパリサクに揚げてありますよ。

シンプルな塩味で、お肉の味わいも薄く、
ややパサなので、続けて食べるとちょい飽きるかな。
下味やタレ的なものが欲しくなる感じです。

ところで、こういうのって皮目だけでなく、
内側の肋の辺りにチョロっとこびりついたとこも旨くね?

ここでいろんなお料理を試してみたいなという奥行きこそないものの、
手軽に手頃にお食事できるという利点は健在ですね。

落ち着いてお食事できるという点ではグレードアップしてるかもよ。

コメント

  1. さのやなぎ より:

    う~ん、ここ経営変わってしまいおもしろくもない
    改装してしまったがね。
    内情知ってるからあまりかかないけど
    私も行きません。

    このs味園、あおb、にしても新興華僑に
    店名ごと買われているだけ。

    このままじゃ横浜福建街と名を変えねば
    なりませんね。

  2. 管理人 より:

    >さのやなぎさん
    そうなのかぁ。
    でもまぁ、飲食店を受け継ぐ魅力が薄まり、
    ギラギラな観光店化が顧客のニーズということならば、
    仕方がないのでしょうかね。