中華街の「工夫厨房」で薬膳ばそ

天長門のそばに出来たお店。
詠春拳を教える道場がその一角で始めたらしいね。

Caさん、オススメありがとう!

場所はビルの3F。

道場といっても、そんな堅苦しい雰囲気ではなく、
バーカウンターがあって、ドラムセットがあって、
地域のコミニティスペース的な部屋なのかもしれないね。

もちろん、映画でしか見たことなかった”木人”なんかも、
バッチリ置いてあって、私も触らせてもらう気満々だったのですが、
訪れた際はまさにレッスン真っ最中。

男女数組の生徒さんが、徒手の組手をされており、
それはそれですごいエンタメになっていたよ!

店内のモニターに流れているのはもちろん「イップマン」
しかも、アンソニー・ウォン主演の最終章なんだから渋いよな!
しかもしかも、対エリック・ツァンという!無限道!

道場レストランというネタだけでなく、
提供メニューも表のレストランには無いような家庭料理で、
その辺も好事家の話題になっている理由です。

美人のお姉さんが、
ラップトップのモニターを見せつつ丁寧に解説してくれたよ。

美人のお姉さんオススメは牛肉丼らしいのだけど
この日は色々売り切れで、注文できたの薬膳ばそ。

そばの誤植だろっ!って思われていたんだが、
お姉さんも”ばそ”って言ってたので、”ばそ”で正しいようで、
意味を聞いてみたかったんだけど、お姉さんが美人だったので聞けなかったよ。

ほら、細いことを気にしない器の大きな男に見られたいじゃない!

出てきたのはお茶碗サイズの小丼。
ほんのり薬膳香る醤油煮込みをのせたもの。

添加不使用の健康食とのことで、
塩分も含め、かなり淡いお味です。

あとで足し汁も可能ということだったんだけど
ご飯を食べ進めるのもけっこうギリギリなバランス。

でも、まぁ、なんだか身体に良さそうというか、
すぅっと入っていくような不思議な感じで、
決して否定的な感想は浮かんでこないわ。

いわゆる外食とはまた違うテイストなので、
その辺も諸氏が新鮮に感じる部分かなと思います。

ただ、価格や分量の部分ではもう一つで
スープでも付けば嬉しいなと思いますよ。

むしろお腹空いて出てきた感じ?

練習を拝見しながら食べてる最中、
片膝立てながら、「ふん、それが拳法かよ」って言って、
激高した弟子たちが襲いかかってくるのを、
割り箸でいなしたりしたかった!!

でも、本当にやったら、豚ミンチにされるので自制したよ!
もっと内功を磨いてから出直すよ!

コメント

  1. ミサイル超獣 より:

    シェフ兼師父の出身が台湾なので、肉そぼろの意味のバーソーですね。

    ややお値段高めに感じますが
    よそのお店には出しえない強烈で不可思議な魅力があるので
    その折り合いが敷居のひとつとも言えるかもしれません。
    道場だもの、ね。

  2. Ca より:

    >むしろお腹空いて出てきた感じ
    体が軽くなる感じなんですよね~。
    Mariyaお姉さんに稽古をつけてもらうと、さらに軽くなります。

  3. 管理人 より:

    >ミサイル超獣さん
    そか、肉燥のことだったんだ!
    おかげさまでスッキリ出来ました。
    確かにメニューやお味の個性は十分なのですが、
    外食一食分には不足ですし、やはり割高に感じます。
    ネタ来店が一段落した後が厳しそうで。

  4. 管理人 より:

    >Caさん
    下半身の安定感はあると思うんですよね。
    なにせ、重いので・・・・