中華街の「餃子伝説 総本舗」で水餃子焼き餃子定食

スポンサーリンク

北門通りに出来た餃子定食のお店。

週末の関内エリアはただでさえ利用できる飲食店が少ない場所。鈍い出足でお昼時を逸した私が、いくら彷徨っても、なに一つ食えやしねぇ。

そんな時に便利なのが、観光飲食街たる中華街です。ただ、近年は休日の人出がハンパないため、別の意味で、いつものお店にたどり着くことが難しい状況ですね。

そういえば、加賀町警察の脇に餃子の新店ができてたなと、試しに入ってみることにしました。

中華街のお店というよか、どこぞのチェーン店のような体裁です。壁際の狭い二人掛け席とかカウンター席とか、落ち着いたお食事の場ではなく、周辺リーマンなど、もっとファストな利用を想定しているのかなぁ。たぶん「東京餃子軒」みたいなのをコピーした新華僑店なんでしょう。

メニューもそんな感じで、数種類の餃子を看板に、昼夜問わず定食の提供があるみたいです。お料理も比較的手頃値で、ベタな定番を中心に、いくらかの四川風を漂わせているのが特徴かな。夜は餃子をつまみに軽く飲むみたいな感じになりそうよ。

焼き餃子と水餃子、どっちも食べられる定食を頼みました。

焼き餃子は網状の羽つきで、バリッとクリスプです。そして肉汁が飛ぶタイプ。皮ももっちりで悪くないのですが、ニラ入りの餡は、安易に甘く、ちょいやりすぎ感もあります。

2色皮の水餃子。焼き餃子は肉餡でしたが、こちらにはエビがプリッと入っていました。やはり、ベースが甘めで、もうちょい調味控えめでも良いのかなとは思います。

卓上には柚子ダレ、味噌ダレなんかも用意されておりました。でも、やっぱ酢醤油かな。

ライスとスープはいかにもな安中華街のお味。漬物代わりの和え物がつきます。

中華街まで出てきて、わざわざここに入るのもなんだかなぁとは思います。

ただ、近所にあるなら値ごろで使い勝手のいい中華定食店。今後、中華街ブランドを引っさげて、繁華街やショッピングセンターに出店していくということなら、いいんじゃないかなと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました