中華街の「好記園」で自家製ちまき+ワンタンスープ

スポンサーリンク

南門シルクロードの外れにある台湾料理店。

今回も ”中華街でなんか食おうと思ったけど、人がゴミ詰めだから、入口あたりで手早くやっつけよう” シリーズです。

このところ、お隣の炸鶏排がジワジワと人気を揚げてきておりますので、奥のタピオカ店とともに、リトル台湾エリアが生まれつつある南門付近。

こちらのお店は菜食対応なんかもしていたり、ちょっと面白いんだよね。

お手軽なセットメニューの提供があるから、休日の時間外れにピンで迷い込んでもお食事が可能です。

まずはセットのミニサラダ。わりと見栄えに気を使っています。

しかしまぁ、インドも中華も、ゴマドレが好き過ぎる件。

店頭で推されていた自家製ちまきのセットです。

イートインで、ちまきの定食があるお店は他に思い浮かばないから、面白く感じますよ。

中には角煮、栗、落花生、干し牡蠣が入って、それっぽくもあるの。

でも、いかんせん、やたら水っぽくて、ヌルいヤツが、ソッコーで出てきちゃいました。

なにか良いところがあったとしても、状態管理の面で、差し引きマイナスになってしまうのが実にもったいないところです

ワンタンはエビ入りで身の詰まったもの。スープは安易。

コメント一覧

  1. こちらのシェフの経歴を見ましたが何故台湾料理を提供しているのか不思議でした。
    やはり中華街に台湾料理が比較的少ないからでしょうか。

  2. >匿名さん
    老華僑には台湾ルーツの方も多いはずなのに、台湾料理店は決して多くない不思議。たしかに。

    我々が思い浮かべる台湾料理って、国民党と一緒に入ってきた本土のいろんな地方料理の影響もあるらしいから、明確に掲げづらいのかな?

タイトルとURLをコピーしました