中華街の「台湾菜館」で魯肉飯、饂飩湯

スポンサーリンク

関帝廟通りにできた台湾料理店。

海鮮そばがプリプリだった「聚英」のあとに入ってきました。

中華街の春は、もう辛抱たまらん若いお客さんを中心に、だいぶ人出が戻ってきた印象ですね。

一方で、閑散期に諸々の工事をやっつけてしまえという動きも一段落して、街並みから本当に歯抜けてしまった部分も明確になってきました。もう従来のようなスピードでは空き店が埋まらないことも…

そんな状況下での貴重な新店オープンは台湾料理店。

どういうお店なのかな? お母さんたちの対応見てても、あんまり初々しい感じはしませんね。

メニューについては純台湾路線ではなく、定番品の中にチラホラ混ざる程度。おすすめの数品はそれっぽいんだけど、この観光地では現実的な構成でした。

ランチも同様で、よく見る定食の中にルーローハンのセットが固定になってたくらい。

ルーローハンはご覧の通り過不足無きもの。

細切りの豚バラ肉を煮込んだタイプで、決して悪くはありません。ただ、すっと食えてしまって、外食の印象にはあんまり引っかからない感じです。

ワンタンはプリッとして、ちょっとそれっぽいです。

ただ、このランチだけじゃ色をつかめず、もうちょい様子見かな。

思えば、昨今の新店は食べ放題的やっつけ店ばかりでしたが、枯れ木も山の賑わいだったんだなぁとしんみりします。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました