中華街の「思華 牛肉米粉」で特製牛肉醤拌粉

スポンサーリンク

福建路に出来た米粉ヌードルなお店。

例によって、ミサイルさんに教えてもらいました~

これまでも、いろんな店舗が撤退を繰り返してきた場所ですね。

一時期は豆花やタピオカのカフェなども入ったりしていたのですが、中華街といえど、観光通りからは少々外れた立地なので、どうしても安定しないようです。

こちらもどうなるかなぁと懸念しておりましたが、お昼時はぼちぼちの客入りでした。白と木目の清潔な店内では、主に現地語が交わされており、向こうの若奥様達が集うているような雰囲気でしたね。

すでに本営業なのかはわかりませんが、メニューは絞られており、麺と豆乳、豆粥などの数品のみ。今のところは、ほぼ牛肉米粉の専門店と考えていいでしょう。

お店の感じ良きお姉さんにもご意見を賜りつつ、注文したのは特製牛肉醤拌粉。

メニューの一番手は牛バラ麺だったのですが、なにせこちらは ”店長お薦め特品” ですので、やはり避けては通れませんよ。

秘伝のレシピという牛肉醤は細切りの牛肉をピリ辛にギュッと煮込んだもの。お味や風味の他、食感でも楽しみになっており、なるほど旨いな。なお、レジ脇でこれだけ瓶詰めにして売っており、冷やし中華とかに良さそうよ。

米粉で作られた柔い麺は予め辛いタレに和えた状態で供されます。断面真ん丸の優しい口当たり。この麺のおかげで、食べた印象はだいぶ丸いのだけど、気を抜くと、やっぱりピリ辛ですよ。

その他の具はきゅうり、ねぎ、パクチー。そして半切れのみですが、揚げ焼きされた目玉焼きが乗ってこれがまたいい感じなのよ。

ガチな中華でありつつ、お店のカフェっぽい体裁でもって、とっつきやすいのも良いな。ちょい小鉢盛りにしたものに、点心と一口八宝粥でも添えるセットができれば、世のオズマガジン女子がまっしぐらだと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました