【閉店】中華街の「日昇酒家」でユーポー刀削麺ランチ

西門通りにある刀削麺のお店。

向かいの中華八百屋が経営してるらしいね。

この日は週末のお昼すぎ。

たしか昔はチェーンのカフェかなんかだったっけ?
ほんのりな残り香ある店内はあんまり広くないよ。

通りは観光の皆様で賑わっているのだけど、
ランチ時間をだいぶ外しているためか、お店の中は私一人だけ。

奥から出てきたネェちゃんがユルい対応をしてくれたよ。

八百屋の系列ってことで、野菜料理がウリなはずだったんだけど、
メニューには空芯菜の炒めとかがチョロリとあるだけで、
店内に別途掲示されているという季節野菜料理も見当たらないな。

結局、刀削麺の簡易食堂って形に落ち着いたのかもね。

ランチは普通のお料理の他、
特定の刀削麺に半チャーハンが付いたものもある。

こちらで、一度、食べてみたかったのが、
お店の看板にも出ているユーポー刀削麺。

刀削麺を香味油やらで和えた混ぜそば的な説明だったのだが・・・

これって、普通の汁麺じゃんか!!

やられたぁ!!

ちゃんと肉の乗った刀削麺ランチも同じ値段設定なので、
具がキャベツだけのしょぼいこいつは完全に注文損だと思える。

みんなはビーケアフルな!

ニンニクアブラ風味の刀削麺はまぁ普通。
だいぶ一般的になってきた昨今では特に個性は感じないかも。
ただ、半て書いてあった麺は、たっぷり一人前はあったよ。

付属の炒飯はすごく現地っぽい仕上がり。
もちろん、バッサリ味気ないという悪い意味でな!

最後にアンニンも出してくれるけど、
小鉢にバナナがついてくることが唯一八百屋っぽとこかな?